ビール電車・トランルージュ、ついに広島で運行開始へ

広島で真っ赤なボディの「ビール電車」トランルージュが、2016年7月1日から運行開始となります。車内では生ビールが飲み放題で、ビール電車限定の特製弁当も。その他の飲食の持ち込みも可!

広島電鉄が、2016年7月1日から「ビール電車」の運行をスタートさせます。

ビール電車・トランルージュ、ついに広島で運行開始へ

ビール電車で使用されるのは、広島の街によく似合う「赤」が印象的な車両「TRAIN ROUGE(トランルージュ)」。

先日行われた路面電車まつりでも、お披露目されました。

ads

ついにビール電車が広島に!市内を走りながら、生ビール飲み放題

広島電鉄のビール電車・トランルージュの運行は、2016年7月1日~8月31日の2か月間。

「移動の手段」として使用される電車とは異なり、ビールやお弁当を広げて楽しむ電車のため、テーブル・イスが整備された専用電車となっています。

動く電車での飲食のため、立席での乗車は禁止。車窓に流れるいつもの景色も、ビール片手に見ると少し違って見えるかもしれません。トランルージュの運行内容は以下の通り。

運行区間・利用時間 広島駅~広電西広島駅の往復(100分)
※西広島駅で20分休憩時間含む
※交通状況により変更となる場合もあり
運行時間 平日:18時30分~20時10分(平日1便のみ)
土日祝日:12時~13時40分/18時~19時40分(2便運行)
利用条件・価格 事前予約による団体貸し切りのみ(定員26名、子供も1名として数える)
価格は129800円(税込み)

予約は2016年6月20日10時より専用サイトにて受付開始。

面白い電車の活用として県外では「おでんしゃ(愛知県)」「ビール&ハイボールトレイン(福岡県)」などがあり。広島電鉄でも「七夕電車」「クリスマストレイン」など、季節限定イベント電車の運行はあったものの、

“動く路面電車の中での飲食” は不可だったため、今回の新しい試みを楽しみにしている方は多いかもしれません。現在は団体利用のみとのこと。いつか個人レベルでも利用できるようになれば嬉しいですね。

広島県内のビアガーデン情報まとめも合わせてご覧ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP