富士スピードウェイでマツダを体験!サーキットでパレード参加も

マツダデザイン・技術などの展示やモノづくり体験、サーキットでのデモンストレーション走行など、富士スピードウェイでマツダを体験できるイベントが9月25日に開催されます。

マツダ株式会社が2016年9月25日、静岡県の富士スピードウェイでイベント「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」を開催します。

富士スピードウェイでマツダを体験!サーキットでパレード参加も

「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」は、マツダを身近に感じてもらうために開催するイベント。

マツダのものづくりを伝える展示、マツダデザイン開発の展示、経営陣や開発リーダーたちのセッション、SKYACTIV技術搭載車による人馬一体の体験試乗などが予定されています。

マツダが富士スピードウェイでイベント開催

また、富士スピードウェイのサーキットコースでは、1991年のルマン24時間レースで優勝した「マツダ787B」や、

マツダが富士スピードウェイで「マツダ787B」のデモンストレーション走行

歴代のマツダレーシングカーによるデモンストレーション走行、ロードスター公認レース、来場者が自身の車で参加することの出来るパレード走行なども。

また、子供を対象とした職業体験コーナーや、モノ作り体験コーナーも有り、家族で楽しむことも出来る様々なイベントや体験コーナーが予定されています。

ads

富士スピードウェイでの主な出展内容

経営陣、新世代商品の開発リーダートークセッション
マツダ株式会社のモノづくりについて様々な領域の経営陣、各車種の開発リーダーたちがそれぞれの目線で語ります。

This is Mazda Design
マツダデザインの美への追求をミュージアム、スタジオ、ラボの3つのゾーンで展示。ミュージアムには魂動デザインの世界観が伝わるアイテムを展示します。スタジオでは、クレイモデル制作をモデラーが実演。ラボではお客様に製作体験の場を提供します。

モノづくり展示&体験
車の裏側に隠されたモノづくりへのこだわりを、開発・生産技術部門のエンジニアが様々な部品や道具とともに紹介。来場者はキーホルダー製作などモノづくり体験も。

人馬一体講座
車両開発エンジニアがマツダ車共通の「人馬一体」の志、人間中心設計について説明します。

最新マツダ車の体験試乗
最新マツダ車の体験試乗を実施。開発スタッフが同乗し、人馬一体のこだわりを解説し、「走る歓び」を体感する。

サーキットパレード
※マツダ車特別駐車券購入者520台を対象
レーシングコースのパレード走行にて。来場者が自身の車で参加可能。

サーキットコースの同乗試乗体験
レーシングドライバーが運転するマツダ車に同乗し、非日常の走行体験を。

工場再現模型展示
初めて乗用車を生産したマツダの「原点」の工場を、工場の若手社員たちがブロックで再現した模型を展示する。

車両整備、ペイント体験(子ども対象)
参加者はマツダのサービススタッフと同デザインのつなぎを着用して、実際に車両整備で使われる工具を使用して車両整備体験ができる。また、簡易ペイントブースで塗装の体験も。

レジェンドマシンのデモンストレーション走行
マツダ787B(55号車/ルマン24時間レース優勝車)を寺田陽次郎氏が運転する。また、RX-3レースマシン、サバンナRX-7レースマシン、ファミリアロータリークーペ(R100)レースマシンなども登場。

*  *  *

イベント「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」は、富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町中日向694)にて2016年9月25日開催で、時間は10時~16時まで。

当日は雨天決行で、チケットは前売りが1800円(ローチケ)、当日券が2000円となっています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP