広島の被爆電車、当時の姿で3日間 秋の特別運行

被爆から70年、復興を遂げた広島の街を被爆電車が走る「被爆電車特別運行プロジェクト」が2016年秋も実施される。車内では被爆当時の映像も。11月19・26・27日に運行、事前応募制。

広島の復興のシンボル「被爆電車」が2016年11月19日(土)・26日(土)・27日(日)の3日間6便、特別運行します。

被爆電車、当時の姿で3日間 秋の特別運行

この被爆電車特別運行は、広島が被爆した70年前の当時に広島市内を走っていた「青色カラーリング」の被爆電車653号を蘇らせ、現在の広島で走行されるもの。被爆してから復興するまで広島の街が辿った歴史を未来の世代に伝えるため、中国放送と広島電鉄が実施する。

車内の大型モニターでは、被爆後の広島の街の様子などを映像で流す。映像には英語字幕をつけているため、英語が理解できる外国人の方も乗車可能となっています。

ads

被爆電車特別運行のスケジュール、応募方法

被爆電車の特別運行は10時30分発/14時発の1日2便で、運行ルートは

広島駅発 ⇒ 八丁堀 ⇒ 原爆ドーム前 ⇒ 土橋 ⇒ 広電西広島(折り返し) ⇒原爆ドーム前着(乗降は原則発着停留所のみ)

このイベントは事前応募制で、はがき又は被爆電車特別運行プロジェクトの特設ページから応募が必要。はがきの方は以下を記入の上、〒730-8504 RCC「被爆電車申し込み」係 まで応募を。

被爆電車特別運行 チラシ

  1. 乗車希望日/時間(第2希望まで記入)
    【例:第1希望○月○日 10:30発、第2希望○月△日 14:00発】
  2. 人数(おとな○人/こども○人)
  3. 申込み代表者の住所
  4. 申込み代表の名前
  5. 申込み代表の年齢
  6. 申込み代表の連絡先(携帯電話番号など)

申し込み期間は2016年10月28日(金)必着。参加の可否はRCCより11月4日までに連絡があるとのこと。参加費は大人500円(高校生を除く18歳以上)、こども 200円(小学生~高校生)で、未就学児童は参加不可。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP