中国人が日本で行きたい場所ランキング、広島・福井も上位に

中国人の来日が最も多いと言える時期「春節(中国のお正月)」が、2017年1月28日にやってきます。日本で行きたい都道府県ランキングで、広島が急上昇したワケとは?

2017年1月28日は、中国のお正月にあたる「春節」。毎年この頃に中国から日本への観光客が激増し、“最大級の商戦時期”とも言われています。

中国のお正月「春節」、日本では広島・福井が行きたいランキングで上位に
画像はイメージ

そんな春節を控え、中国人のSNS上での口コミを世界各国のマーケット調査をするトレンドExpresがリサーチし、2017年の春節に行きたい「日本の都道府県ランキング」を発表しました。

このランキングでは大阪が1位、続いて東京・京都など定番エリアがランクインする中、広島・福井がTOP10入りするなど、昨年の国慶節(中国の祝日)に比べて行先が多様化する結果となりました。

ads

広島のTOP10入り理由は、世界遺産・グルメ・スキー・コンサート

トレンドExpress調べによる、2017年春節「日本で行きたい場所」ランキングは以下の通り。

  1. 大阪府
  2. 東京都
  3. 京都府
  4. 奈良県
  5. 福岡県
  6. 広島県
  7. 北海道
  8. 沖縄県
  9. 福井県
  10. 鹿児島県

昨年に引き続いて関西圏の人気の高さがうかがえる一方、昨年の国慶節では4位だった東京都が2位に順位を伸ばす。これは、初めての訪日人口が増加している可能性を示しています。

また、広島県についての具体的な投稿をみると、海・山などの自然、世界遺産(厳島神社)などの観光資源やグルメ(牡蠣、お好み焼きなど)に関する人気に加え、スキーやアイドルコンサート、歴史に関する言及など、多岐に渡って関心を集めていると分析されています。

福井県は、お寿司や越前蟹についての書き込みが多く、グルメに注目が集まっているようです。また、同様に「日本でやりたいこと」をランキング化したところ、

買い物したい
雪を見たい
日本料理を食べたい
温泉に入りたい
スキーをしたい
ライトアップ(夜景)を見たい
神社仏閣に行きたい

…などが上位に。

広島は世界遺産に登録されている宮島・厳島神社(神社仏閣)や、スキー場もあり、この季節に旬を迎えるグルメ(牡蠣)…など、ニーズに合ったものが揃っている事も、人気が高くなった要因と言えそうです。

ads



2017.01.20 12:18 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

PAGE TOP