ルートインホテル、東広島・宮島に続々オープン

2017年3月22日にルートインホテルが東広島西条駅前店をオープンしました。次いで来年にはホテルルートインGrand宮島口もオープン予定。

全国に250店以上展開しているホテルチェーン、ルートインホテルズが2017年3月22日に広島県に「ホテルルートイン東広島西条駅前」をオープンしました。

ルートインホテル、東広島・宮島に続々オープン

古くから酒蔵が並ぶ通りが残り、近隣には大学も多く歴史と新たな文化が息づく西条。そんな町の玄関口であるJR西条駅前徒歩5分のところに客室数218を持つルートインホテルがグランドオープン(広島県東広島市西条本町14-24)。

ルートインホテルのサービスで特徴的なのは、無料駐車場・朝食無料・大浴場・客室Wi-Fi完備・ルームシアター(1泊1000円で映画見放題)などがあり、ビジネスや旅行の拠点としても便利そうです。

ルートインホテルはさらに、2018年に廿日市市宮島口にも新規オープンを予定!

ads

ルートインGrand宮島口、2018年1月にオープン

東広島西条駅前に続き、広島県内では2018年1月、廿日市市に客室数200規模の「ホテルルートインGrand宮島口」がオープン予定。

ルートインホテル 宮島口 イメージ
画像はイメージ

ルートインGrandは広めの客室・レストランの充実など、「ホテルルートイン」よりもハイグレードな施設・サービスを提供する新しいブランド。

施設の詳細は今のところ未公開となっていますが、国内外からの宮島への観光客が増加していたり、JR宮島口駅のリニューアルや新しく生まれ変わる宮島口フェリー乗り場(厳島港)…と、宮島口はさらににぎわいを増しそうです。

ads
LINEでこのページを送る

2017.03.22 11:35 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

PAGE TOP