乙九日炎の祭典 、芸北町に武将が現る!神楽の披露も

乙九日炎の祭典 が、芸北町にて2010年も行われます。乙九日炎の祭典 ( おとぐんちほのおのさいてん )とは、炎と光の祭典で、「雄鹿原合戦」を今に伝える戦国絵巻。御神幸 ( ごじんこう )で幕を開けます。

乙九日炎の祭典 が、芸北町にて2010年も行われます。
乙九日炎の祭典 ( おとぐんちほのおのさいてん )とは、
炎と光の祭典で、「雄鹿原合戦」を今に伝える戦国絵巻なのですね。

私はこのお祭りを今回 初めて知ったのですが
亀山八幡神社の本殿では、奉納神楽が披露されたり

乙九日炎の祭典、芸北町にて
photo by 芸北町観光協会

松明を持った武将たちが、およそ5kmにわたって
練り歩いたり、花火が打ちあがったりと
結構、盛大に行われているお祭りのようです。

ひろしま県民文化百選 にも選ばれているこのお祭りは
330年もの歴史がある 御神幸 ( ごじんこう )で幕を開けます。

ads

歴史あるお祭り、見る目にも鮮やかな衣装 続々と

御神幸 ( ごじんこう )とは、行列を連ねて神殿を出発するという
古式豊かな一大絵巻のこと。

獅子や神輿、そして甲冑を着た武将たちが
御旅所(おたびしょ:祭礼で巡幸する途中に神輿が休憩する場所)に向い、
新米をお供えし、収穫できた事に感謝し再び神社へ戻ります。

この歴史あるお祭りは、明るい時間から夜まで
半日かけて行われるのですね。
様々なイベントもあります、是非 1度は見てみたい。

乙九日炎の祭典 ( おとぐんちほのおのさいてん )
日程: 2010年9月25日(土)
時間: 15時30分~22時
会場: 広島県山県郡北広島町
亀山八幡神社ほか雄鹿原地区一円
問合せ: 0826-35-0113 ( 北広島町芸北支所 産業建設課 )
芸北町観光協会 イベント案内

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP