えびす講、広島 胡子神社で商売繁盛 こまざらえ に期待込める

えびす講 (胡子大祭)は、商売繁盛の神様・恵比寿様が祀られている胡子神社のお祭り。周辺には、こまざらえ(こまざらい)と呼ばれる熊手の露天がズラリと並びます。

えびす講 が、広島市中区胡町の 胡子神社 でスタートしました。
えびす講 (胡子大祭)は、商売繁盛の神様・恵比寿様を祀っている胡子神社のお祭りで、「とうかさん」「すみよしさん」と並ぶ広島三大祭りの1つです。

えびす講、広島 胡子神社で商売繁盛 こまざらえ に期待込める

胡子神社 の周りには、たくさんの出店がいろんなサイズの熊手を販売しています。

10月は、全国の神様たちが出雲大社に集まる月。出雲大社以外の神社は神様が不在になる月のため「神無月」と呼ばれています。ですが、留守を守る神様(留守神)がいて、恵比寿様 はそれにあたるのだとか。

ads

圧巻!熊手で埋まる胡子神社の様子

えびす講 恵比寿様の熊手が大量に

熊手にも、恵比寿様のにこやかな顔が。また、ザルのタイプも。

熊手 恵比寿様

こんなに沢山の熊手がズラリと並ぶと、迫力ありますね!

胡子大祭 屋台の熊手がズラリと

胡子神社 の前には、たえず参拝者の列が出来ていて参拝者1人1人に宮司さんがお払いしていました。

胡子大祭 参拝者たち

その隣には、「こまざらえ 受付場」の文字。

こまざらえ 受付場

“ こまざらえ " って何でしょうか?受付で聞いてみると「こまざらえ」とは 熊手の事なんだそう。

胡子神社 のまわりで売られている 「こまざらえ(熊手)」を受付に持ち込むと、こまざらえ を胡子神社でお払いをしてくれるのだそうです。

こまざらえ とは

胡子大祭 は、今日から3日間開催。

初日の今日は混みすぎることもなく、多くの人が入れ替わり立ち代り、胡子神社でお払いをしてもらった熊手を手に商売繁盛 を祈願して賑わっていました。

えびす講 2010

3日目の11月20日の本祭には交通規制もされ、胡子神社の周辺道路は歩行者天国になるようです。

2010年 広島 胡子大祭 ( えびす講 )

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP