備後の魅力をマンガでPRしたガイドブック、道の駅などで無料配布

マンガを読み進めながら、備後エリアの魅力を知ることのできるガイドブックが登場。広島県と岡山県を含んだ備後エリアの観光やグルメ・歴史が詰め込まれたガイドブックは、道の駅で無料配布中。

広島県の府中福山世羅三原尾道神石高原と、岡山県の井原・笠岡を含んだ備後エリアの名所や名物をまとめたガイドブックが、2017年3月より道の駅などで配布がスタートしています。

備後の魅力をマンガでPRしたガイドブック、道の駅などで無料配布
備後ガイドブックより

このガイドブック「あんたらにBINGO それぞれのビンゴ旅を発見するガイドコミック」は、マンガを読み進めながら備後の各エリアの観光スポットを知れる構成になっています。製作したのは備後圏域連携協議会。

マンガを描いたのは、尾道市在住の漫画家・つるけんたろうさん。物語は、外国人旅行客にオススメしたい観光スポットをまとめたガイドブックを、ゲストハウスのスタッフが観光客に配布するところからスタートし

外国人観光客らがそのおすすめマップを観ながら旅していく様子が描かれています。

ads

見どころ詰め込んだ備後ガイドブック

ガイドブックに登場するのは、白壁の町並みや、翁座(おきなざ)帝釈峡世羅の花畑ワイナリー福山城ばら公園や、

鞆の浦三景園生口島のレモン谷耕三寺しまなみ海道三原だるま紙ヒコーキタワー…などなど盛りだくさんで、

各スポットごとに近隣グルメや歴史などを交えながら、14ページに渡って紹介。また、モデルコースも紹介されています。

「あんたらにBINGO それぞれのビンゴ旅を発見するガイドコミック」は、一部の道の駅などで無料配布しているほか、尾道観光協会のHPからダウンロードする事が可能。

ads



2017.04.08 17:30 [writer]Mika Itoh

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

PAGE TOP