広島ボールパークタウンが完成へ、各エリアに誕生した施設詳細

2015年、いよいよ広島ボールパークタウンが完成!A地区・B地区を構成する施設名やオープン日をご紹介します。

広島市の大規模複合開発地区、広島ボールパークタウン。マツダスタジアム(ボールパーク)を核として「スポーツの感動があふれる街」「球場と共に進化する街」を創出するため、長い時間をかけて整備が進んできましたが、

2015年10月、ついにボールパークタウンが完成となります。

広島ボールパークタウンついに全て完成、A地区・B地区施設詳細

広島ボールパークタウンとは、マツダスタジアム周辺の A地区(スタジアムの西側)・B地区(スタジアムの東側)に整備されたエリアの事。

▼B地区
コストコホールセールジャパン(2013年3月オープン)
・ルネサンス(2012年9月オープン)
・パークホームズ広島ボールパークタウン(2014年2月竣工)

から成り、こちら側はすでに営業スタートしています。

▼A地区
・カープ屋内練習場(2015年2月25日竣工)
・ララシャンスHIROSHIMA迎賓館(2015年3月7日オープン)
・広島ボールパークレジデンス(2015年3月中旬販売開始)

と、A地区の工事も終えて、ついにすべての施設が完成となります。

ads

広島ボールパークタウンA地区概要

広島ボールパークタウン【A地区】の各施設詳細は以下▼

1.カープ屋内練習場
カープ屋内練習場 画像

カープ屋内練習場 画像2
1年を通じて主に1軍の屋内練習場として利用される場所。施設内が見学できるギャラリースペースを設け、ファンにとっては選手を身近に感じられ、選手にとっては練習環境が充実。また、野球の振興や普及のために野球教室も開催予定とのこと。

2.ララシャンスHIROSHIMA迎賓館
ララシャンス広島迎賓館 画像

ララシャンス広島迎賓館 画像2
野球とは異なった「華やかさ」を創出するゲストハウス型婚礼施設。婚礼での利用の他、だれでも利用できるレストランやバーも併設されるため、野球の試合の前後や試合が無い日にも気軽に楽しめる。敷地には多くの木々を植樹しているため、都市部に居ながら緑と水辺を感じる事ができる。

3.パークホームズ広島ボールパークレジデンス
パークホームズ広島ボールパークレジデンス 画像
三井不動産レジデンシャルと広島菱重興産初のコラボレーションによる全112邸・南向きのビッグプロジェクト。利便性の高い地で省エネへの配慮もある新築マンション。

A地区は「躍動感」「華やかさ」をキーワードにそれぞれの施設がつくられており、プロ野球が開催されない期間も含め、年間を通じてにぎわいを創出する「非日常空間」を整備。

広島ボールパークタウン 全体図

マツダスタジアム周辺がガラリと生まれ変わり、人の流れも変わってきそう。いよいよシーズンに突入するカープですが、マツダスタジアム周辺の賑わいも増すことになりそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 南区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP