瀬戸内マリンビュー、船のような呉線 快速列車でおでかけしよう

プチ旅を味わえる、まるで船のような快速列車「瀬戸内マリンビュー」が、呉線の快速(臨時)列車として運行しています。

現在、土曜日と休日に運行しているJR西日本の「瀬戸内マリンビュー」 。呉線を運転している快速(臨時)列車です。2005年から、広島県の大型観光キャンペーンの一環により観光列車として親しまれています。

瀬戸内マリンビュー、船のような呉線 快速列車

そのほか、電車に関する他の記事はこちらから

瀬戸内マリンビュー は広島駅 から 三原駅の間を船の様な外観と内装の電車で走り、指定席では呉市の観光アドバイザーが広島-呉間に乗車。呉の歴史や呉クイズなどをして観光PRを行っています。

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像14

停車駅は、広島駅/呉駅/広駅/安芸川尻駅/安浦駅/安芸津駅/竹原駅/忠海駅/三原駅 と、広島から三原まではおよそ2時間30分の電車の旅。

三原駅 までは山陽本線(糸崎行き)に乗った方が早いですが、呉線は海沿いを走り、美しい風景を眺めることができる瀬戸内マリンビューを使うのもまた「電車旅」の楽しいところです。

広島ならではの駅弁でもいただきながら、ゆっくりと楽しみたい電車。

ads

瀬戸内マリンビューに乗って来た [車体・車内の様子]


窓枠は白とゴールド(?)で縁取られていて特徴的!

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像22

船のような丸窓や、地図(航海図 風)、

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像9

指定席の車両の写真手前側は誰でも座れるようなシートになっています。

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像5

乗車記念プレートや、スタンプも用意されていますよ。

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像12

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像16

天井にある扇風機やシーリングファンがレトロです。トンネルに入ると、暖色系のライトが車内を照らしてまた違った雰囲気を出してくれます。

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像2

車内に掲示された路線図は駅名だけが記載された簡易的なものではなく、その土地の特徴をつかんだイラスト付き。


指定席はL字型のベンチシートタイプと、テーブルをはさんで向かい合うタイプがあります。

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像20

広島発の便の場合、海をしっかり眺めたい方には向かい合うタイプの席の方がおすすめ。指定席を取る時に希望した方がよさそうです。(何も言わなかったので、私たちはL字型シートになりました)

瀬戸内マリンビュー [車窓からの眺め]

車窓からは、呉に近づくほど、海に浮かぶクレーン船が見えたり、その先にはマリンスポーツを楽しむ人を眺めることができます。

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像17

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像3

また、海だけでなくのどかな田園風景にも出会うことがあります。

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像18

自由席のシートは他の電車とあまり変わりませんが、雰囲気はやっぱりちょっとレトロ風。丸椅子のテーブル席も数名分ありました!

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像6

瀬戸内マリンビューの停車駅 駅名看板は観光マップとセットになっていて他とは違うデザインにもなっていました。

瀬戸内マリンビュー 呉線 画像23

移動手段というだけでなく、移動する間も楽しむことができる瀬戸内マリンビュー。8月は毎日運行するとのことなので夏休みの想い出の一つにできそうですね!

▼瀬戸内マリンビュー
瀬戸内マリンビュー1号 (広島→三原)
瀬戸内マリンビュー2号 (三原→広島)
停車駅:広島駅/呉駅/広駅/安芸川尻駅/安浦駅/安芸津駅/竹原駅/忠海駅/三原駅

基本的には土日運行で、広島発の瀬戸内マリンビュー1号は10時台発、三原発の瀬戸内マリンビュー2号は13時台発となっています。

運転日や運行時間はその年によって異なるため、詳細はJR西日本お客様センター(0570-00-2486/078-382-8686)へお問合せください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 南区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP