黄金山、桜の博物館 目指して育てられたお花見の名所

黄金山(広島市南区)の桜が、今年も満開を迎えました!黄金山の 桜の様子(画像)や動画、この桜を守るために行われる活動など詳細はこちらから

黄金山(広島市南区)の桜が、今年も満開を迎えました!(2013年は3月30日頃に満開宣言がありました)

黄金山から見る海や広島市内の風景ももちろん素敵ですが、桜の時期には 花見客で込み合うほどの名所として知られています。(夜景スポットとしても人気ですがその様子はまた別の記事でご紹介します)

黄金山、桜の博物館 目指して育てられた

広島県内のお花見情報

黄金山では ソメイヨシノ(染井吉野)をはじめとし、カンヒザクラ(寒緋桜)、ヤマザクラ(山桜)など様々な種類の桜を見る事ができ、見事に咲き誇った桜と 海や山・街の景色も一緒に楽しめる贅沢な場所です。

お花見に多くの人が訪れる黄金山ですが、調べていくうちに「この美しい桜は多くの人の手によって大切に育てられたもの」だという事も分かったため、満開の桜の様子と共にご紹介していきます。

ads

黄金山から見下ろす街の景色と、満開の桜

黄金山の桜を、まずは動画でご覧ください▼

黄金山に桜が咲き始めると、山の緑の中に淡いピンク色がポンポンっと出て来るので「あぁ、今年も春が来たなぁ」と季節を感じさせてくれます。

黄金山の桜を遠くから見た写真

黄金山 山頂への道沿いにもたくさんの桜の木があり、ここを通るだけでもけっこうな見応えがあります。まさに「桜のトンネル」という感じで、思わず見上げてしまう。車で行かれる方は脇見運転にならないように注意してくださいね。

黄金山 を遠くから見た様子

黄金山 を登っている途中(桜の下)

桜が満開の頃(特に休日)は、黄金山の7合目くらいから渋滞に。このため歩いて登っている人もたくさんいました。

黄金山 山頂の展望台では 春の心地よい風と眼下に広がる景色が楽しめますが

黄金山 展望台から眺める

黄金山 山頂展望台からの街と桜の様子

桜を見るなら 展望台の周りをぐるりと囲む散歩道の方がおすすめ。手が届く高さに桜があるため、景色や桜などと一緒に記念撮影を多くの人がしていました。

黄金山 山頂の桜の様子2

黄金山 坂道を登る

黄金山 カンヒザクラの画像

桜に囲まれた駐車場を抜け、海側へと進むとこちらには広場があり ベンチに腰掛けたり レジャーシートを広げてランチしたりする人の姿が。

黄金山 桜が満開の様子

黄金山緑地の広場の画像

黄金山 からの海の画像

比治山公園などと比べると広場が少ないため小さい子供連れのファミリーや お花見宴会をする人は少なく、少人数で訪れた人が「ベンチでゆっくり景色を眺める」という人が多かったように思います。

そんな黄金山の桜ですが、この地域に住む方を中心とした「黄金山さくらの会」が植樹から害虫対策、お手入れなどをして 丹誠込めて咲かせているのだそう。

ソメイヨシノを咲かせるためには様々なお世話が必要で、しかも寿命はおよそ60年ほど。戦後すぐに植えられたという黄金山のソメイヨシノの寿命を考え、毎年植樹されているのだそうです(存続のために寄付金も集まっているとか)。そういった活動を知ると、尚更 愛おしい黄金山の春の風景。

黄金山 のカンヒザクラ 写真

黄金山 白い桜もある

黄金山 の山頂は桜が咲き乱れる

黄金山 頂上展望台を眺める画像

黄金山さくらの会 は[さくらの博物館]になるようにと色々な種類の桜を意識的に植樹しておられるようで 特に頂上付近ではネームプレートが付けられているものが多いので 行かれる時は種類の違いもチェックしてみては。

黄金山さくらの会 ホームページ

▼黄金山の桜
住所:広島市南区黄金山町
黄金山の場所を地図で確認する
電話:082-250-8957(広島市役所)
駐車場:山頂に無料駐車スペースあり(数台)
利用時間:5時から23時 ※23時から朝の5時までは人・車両共に立ち入り禁止となるそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 南区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP