京橋と水辺の風景、広島市最古の鋼橋は都に向かう橋

広島市南区にある京橋(きょうばし)。この橋は一見、コンクリート橋に見えますが、広島市最古の鋼橋です。京橋の街と水辺の風景

広島市南区にある京橋(きょうばし)。この橋は一見、コンクリート橋に見えますが、広島市最古の鋼橋です。

京橋と水辺の風景、広島市最古の鋼橋は都に向かう橋

鋼橋(こうきょう)とは、橋桁を鋼材でつくった橋のこと。鋼材はコンクリートと比べても価格が高く、強度が強いという特徴があります。この橋の写真を撮っていると、周辺に住むという1人の男性に声を掛けられました。

「おねえちゃん、この橋に興味あるんね?」
「興味持ってもらえて、嬉しいんよ」

その方は長くこの地に住んでおられるそうで、京橋にも愛着がとてもあるのだとか。

京橋の風景

「他の橋と比べてみんさい、同じように見えるけど最近の橋はほとんどコンクリート橋。鋼橋は丈夫だけど高くつくから、最近では滅多に造られんのんよ」

と、その男性は愛おしそうに京橋をみつめながら、いろいろ教えてくれました。

京橋を愛する男性
「崩れたとこは、ワシがワイヤーで止めたんよ」と語る男性

京橋が作られたのは、広島城開城の頃だそうで、実はこの橋、被爆しているのですが落橋を免れて現存している貴重な橋でもあります。

そんな京橋の名前の由来は、「京都へ続く橋」という意味から名づけられたもの。開城当時、京都方面に向かっていく時に最初に渡る橋だったことから「京橋」と名付けられたんだそうです。

京橋、広島市南区の鋼橋

この橋が架かる川「京橋川」の名前や、この周辺の地名「京橋町」という町名も、この橋名が由来になって付けられているんですね。

ads

京橋川周辺の水辺の風景

京橋川の周辺を歩いてみると、等間隔で川辺に降りる階段が作られてます。

京橋川の雁木1

屋根付き階段も。

京橋川の雁木2

この川に降りる階段の事を 雁木(がんぎ)と呼ぶのですが、広島は沢山の川に囲まれた街なので、モノを運んだり移動したりする手段として昔は船が重宝されていました。

そのため、この雁木が広島市内の川沿いには至る所にあります。この京橋川にある雁木もその名残なんですが、ここの雁木にはほかの場所の雁木とはちょっと違う特徴があるんです。

京橋川と雁木の風景

今は高層マンションなどが建つこのエリアですが、昔は裕福な人たちが住んでいた場所。そのため、一家に1つの雁木が 家の目の前に専用で作られていたんだとか!ブルジョワですね~。

川から見た雁木
川から見た雁木

雁木を下りてみたところ
陸から雁木を見下ろしてみる

京橋川の雁木で、水辺まで下りれる
雁木を下りてみたところ。雁木を下りると、すぐボートで移動できる

今でも、広島市では雁木タクシーが走っているため、希望すれば 雁木のあるところならどこでも降ろしてもらえます。

移動手段にするだけではモッタイナイくらい、いろんな風景が楽しめるので、雁木タクシーを観光気分で乗るのもオススメです。

緑が多く美しく整備されている広島市の川沿いは、街の中と思えない静かさもあってとても癒される空間。天気のいい気持ちのいい日には、川沿いをお散歩するだけでも気持ちいいですよ。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 南区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP