マロンの里は、今が旬!栗尽くしのふるさと飯や大竹産野菜や特産卸売も

広島県大竹市にある、マロンの里交流館。栗を栽培して「栗谷」と呼ばれるようになった緑豊かな大竹市栗谷地区にあります。道の駅のような大竹産直市場もあるスポット。

広島県大竹市にある、マロンの里交流館。栗を栽培して「栗谷」と呼ばれるようになった緑豊かな大竹市栗谷地区に、マロンの里があります。

マロンの里は、今が旬!栗尽くしのふるさと飯や大竹産野菜や特産卸売も

マロンの里の入口にある看板には、「農村公園」と「交流館」がメインで紹介されており、食事が出来るレストランもあり。

広島県 マロンの里交流館の入口

秋になり栗のシーズンに入ると、マロンの里周辺では栗拾いなども楽しむことが出来たり、マロンの里交流館で地元・大竹産の栗「岸根栗(がんねぐり)」を直接購入することもできるのだとか。

ads

マロンの里で、栗尽くしの田舎飯を味わう

マロンの里交流館の施設内には小さなレストランがあり、ここではふるさと料理が頂けるとのこと。ちょうど今 栗のシーズンのため、美味しい大竹ふるさと料理が頂けると聞いてやってきました。

マロンの里で、栗尽くしの田舎飯を味わう

レストラン「みくら」に入ると、小さな店内の入口すぐ横の壁にメニューが貼り出されています。うどんやそば、カレーや親子丼など、お馴染みのメニューの中に2つだけ定食を発見。

広島 マロンの里のレストランメニュー

「みくら定食」と「ふるさと定食」、この2つの内容は

みくら定食…(イノシシの唐揚げ + ふるさと料理)
ふるさと定食…(栗尽くしの定食)

とのこと。全メニューの中でいちばん「ふるさと料理」が味わえそうなこの2つを注文してみました。

マロンの里交流館 レストランみくら

店内からは芝生公園が目の前に見えます。天気のいい日には特に、穏やかで気持ちのいい景色が広がっていて気持ちがいい。

マロンの里交流館 レストランからの景色

しばらく待っていると、定食が運ばれてきました。こちらが「みくら定食」。

マロンの里 みくら定食

猪の唐揚げがメインの、ふるさとランチです。内容は、イノシシの唐揚げ、栗ごはん、栗と切り干し大根の煮物、きゅうりの酢の物、お吸い物、栗の渋皮煮。

猪の唐揚げ マロンの里交流館

イノシシはクセもなく、普通に美味しく頂けます。個人的にはイノシシ肉よりも、サブ的に小鉢で添えられていた「切り干し大根の煮物」が、おばあちゃんの味というような優しい懐かしい味で癒されました。

岸根栗の渋皮煮と切り干し大根

また、岸根栗(がんねぐり)の渋皮煮も粒が大きく、満足感があります。

そして以下が、栗尽くしの「ふるさと定食」。

栗尽くしのふるさと定食 マロンの里

栗ごはん、栗と野菜のてんぷら、栗と切り干し大根の煮物、キュウリの酢の物、お吸い物、栗の渋皮煮というラインナップ。メインが天ぷらになっているだけで、他は「みくら定食」の内容と一緒でした。

マロンの里 栗づくしの定食

栗がいろんな味付けで出てきましたが、個人的にはやはり一番は「栗ごはん」でしょうか。天ぷらは、野菜が大きめにカットしてあり、こちらも食べ応えがありました。

小鉢の内容は、その時期によって変わることもあるようですが、その時々の旬な地域の農産物を使った小鉢の素朴な味付けとメニューがとてもいい感じでした。

野菜や特産物の販売コーナーにも、栗商品がいっぱい

さて、レストランを出て、その隣にある野菜や特産物の販売コーナーに立ち寄ってみると、沢山の野菜が並んでいました。

マロンの里 野菜売り場のコーナー

天井から吊るされているダクトからは、冷たい風がでており、並べてある野菜の鮮度を保つように冷やしているようです。

マロンの里で売られていた岸根栗

大竹で栽培されている栗、岸根栗(がんねぐり)が販売されているのはもちろん、

マロンの里 栗そば

栗そばや、

栗ジャム マロンの里交流館

栗ジャムなど、珍しい栗商品もあり。このほかにも、

マロンの里 ズイキも販売中

ズイキという、長くて肉厚のアロエに似たような、普段スーパーなどではあまり目にすることの無い野菜も売られていましたよ。

全体をみた感じ、マロンの里は大竹市の「道の駅」という雰囲気なのですが、何故か「道の駅」としては登録されていないようです。マロンの里には、調理実習室や交流研究室などもあり、

豆腐やこんにゃく作りなどの講習も行われているのだとか。詳しくは、マロンの里交流館へお問い合わせ下さい。

マロンの里交流館
住所広島県大竹市栗谷町大栗林195−12 ( 地図で確認する
時間9時~17時
駐車場あり(無料)
問合せマロンの里交流館 0827-55-0055
備考休館日:毎週月曜日 (祝日の場合は、その翌日がお休みとなる)

ads


あわせて読みたい

edit 『 大竹市 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP