尾道薪能、2012年は5月12日開催!浄土寺の幻想空間を楽しもう

尾道市にある 国宝・浄土寺の本堂(阿弥陀堂)で毎年5月に行われる 尾道薪能(おのみち たきぎのう)。2012年は5月12日(土)で行われる事が分かりました。詳細はこちらから。

尾道市にある 国宝・浄土寺の本堂(阿弥陀堂)で毎年5月に行われる 尾道薪能(おのみち たきぎのう)。2012年は5月12日(土)で行われる事が分かりました。

尾道薪能、2012年は5月12日開催!

薪能は 神仏に薪をお供えする儀式が始まりで 年月がたつにつれ華やかさを増し 今の形になったと言われていて、尾道薪能 の奉納は 能や狂言などの日本古来の伝統芸能を一般市民にも親しんでもらえるように…と始まったものなのだとか。毎年多くの観客が詰めかけ、今年の開催で21回目の開催。

阿弥陀堂はもとより、その隣にある多宝塔も国宝。歴史的に貴重な建物に目をやりつつ 見る薪能は迫力がありそうですね!尾道薪能は ひろしま文化振興財団により2006年、広島県文化省を受賞しています。

場面ごとにかわる、面の表情にも注目!詳しくは 尾道薪能の公式サイトにてご覧下さい。

場所:広島県尾道市東久保町20-28
日時:2012年5月12日
開場:17時(開演は18時から)
演目:能「春日龍神」/ 狂言「昆布売」ほか
チケットなど、お問い合わせ:0848-37-9736(尾道観光協会)又は 080-6344-3360(尾道薪能実行委員会)まで。

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP