尾道ベッチャー祭り、こども号泣の「奇祭」が2014年も

尾道市民俗文化財に登録される珍しいお祭り(奇祭)、尾道ベッチャー祭りが2014年も11月1日から3日まで行われます。日程・内容はこちら

尾道市民俗文化財に登録される珍しいお祭り(奇祭)、
尾道ベッチャー祭りが2014年も11月1日から3日まで行われます。

尾道ベッチャー祭り、こども号泣の「奇祭」が2014年も

(以前行われた尾道ベッチャー祭りの実際の様子は他記事をご覧ください)

尾道ベッチャー祭りでは「ベタ・ソバ・ショウキ(ショーキー)」という名のついた面をかぶった鬼たちが神輿と共に尾道市内中心部を練り歩き、鬼たちが手にする「ささら」や「祝棒」などでこどもの頭を叩いたり 身体を突いたり。

頭を叩かれると頭が良くなり、身体を突かれると子宝に恵まれる。そして1年の「無病息災」のご利益があるとあって、親たちは「我先に!」と鬼に向けて子供を差し出し、子供たちは怖さで号泣したり逃げ回ったりします。

尾道市 ベッチャー祭り 2011 画像7
(おばあちゃんは笑顔で獅子に噛まれてた)

初めて見る人にとってはかなりのインパクトあるお祭りですが、尾道では古くから伝わる伝統的お祭りです。

11月1日・2日はおみこしや神社での大祭・太鼓披露などがあり、3日にこの「練り歩き」があります。行事日程やお祭りについて詳細は ベッチャー祭りホームページにてご確認ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP