千光寺の千手観音菩薩が、33年ぶりに御開帳へ!

尾道市の千光寺本堂に祀られていた秘仏・千手観音菩薩が、2013年に33年ぶりの御開帳となります!秘仏(ひぶつ)とは、信仰上の理由により非公開とされ、厨子などの扉が閉じられたまま祀られる仏像のこと。千光寺の千手観音菩薩は、33年に1度 開帳される秘仏で、2013年が御開帳の年となっています。

尾道市の千光寺本堂に祀られていた秘仏・千手観音菩薩が、2013年に33年ぶりの御開帳となります!

秘仏(ひぶつ)とは、信仰上の理由により非公開とされ、厨子などの扉が閉じられたまま祀られる仏像のこと。千光寺の千手観音菩薩は、33年に1度 開帳される秘仏で、2013年がその33年ぶりに開帳される年なのだそうです。

千光寺の千手観音菩薩が、33年ぶりに御開帳へ!
千光寺 公式サイト

千光寺の千手観音菩薩の御開帳は、2013年3月2日から12月8日までの約10ヵ月間。この千手観音は聖徳太子が造ったものと伝えられているそうで、今年を逃すと、また33年間はお目に掛かれません。

昔は「火伏観音」とも言われ、火難を救う観音様として信仰されていたようですが、現在は 子授けや試験合格、縁結び、交通安全、家内安全、夫婦円満、病気平癒、延命長寿等諸願成就の観音様としてお詣りされているとのこと。

秘仏・ご本尊 千手観音菩薩、33年ぶりの御開帳

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP