尾道 住吉花火まつり2012、穴場や 場所取りについて!ライブカメラ中継もあるよ

尾道市土堂の 尾道水道海上にて13000発が打ち上げられる おのみち住吉花火まつりが 2012年7月28日に開催されます。尾道 花火の場所取り、交通規制、開催概要、ライブカメラ情報などをまとめてこちらでご紹介。

尾道市土堂の 尾道水道海上にて13000発が打ち上げられる おのみち住吉花火まつりが 2012年7月28日に開催されます。

尾道の花火は毎年30万人以上の人出でにぎわい、昨年は35万人の来場があったそうです。尾道市周辺だけでなく、県外からも見物客が来場する為、「夕方頃に着くように…と思っていたら花火の開始時間にも間に合わなかった」というほど渋滞・混雑は避けられません。

尾道 住吉花火まつり2012、穴場や 場所取りについて
Photo by onomichi-cci.or.jp

花火を良い場所でゆっくりと見るためには 場所取りも肝心。タイミングとマナーをわきまえて、みんなで楽しい花火大会にしたいですね!

という訳で、2012年の 尾道 花火大会についての概要と 穴場スポット、場所取り情報、ライブカメラ情報などについてご紹介します。

ads

おのみち住吉花火まつり2012について 詳細情報

尾道住吉まつりの 花火は当日19時30分から打ち上げスタート。

打ち上げ場所
住吉神社や尾道市役所の沖(打ち上げ場所の地図はこちら)。

交通規制
尾道商店街(JR尾道駅から尾道大橋入り口周辺まで)は交通規制や向島の尾道行きフェリー乗り場周辺は交通規制がかかります。千光寺公園への道には一方通行規制もかかり、どちらも当日の18時半頃からとなります。(交通規制について詳しい地図はこちら)

場所取りについて
時間の制限はないようですが、大会運営に関する一部の場所周辺では制限があります。特に尾道市役所南側駐車場は開放される為、絶好の観覧ポイントですが27日17時から市役所庁舎東側に並び 28日0時より順番に入場するとのこと。 また、尾道駅前の緑地地帯は当日朝8時から…など、時間の指定と注意事項があるので 詳しくは公式サイトからご覧ください。

穴場ポイント
尾道水道沿いは間違いなく混雑。意外と少ないのが千光寺公園という話もあります。徒歩又は車で登る道にもビューポイントはありますが、一方通行となっていたり 民家の敷地内という所もあるのでマナーと交通ルールを守って楽しみましょう。また、時間に余裕のある方は向島側に渡って見るのもおすすめです。

ライブカメラ
尾道の観光情報サイト「おのなび」のライブカメラは操作可能なライブカメラを常時設置中(花火当日は操作できるかどうかは不明)、またUSTREAMにて OnomichiCATVがライブ中継(当日19時25分から)、住吉ライブカメラ(浄土寺カメラ)などがあります。

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP