瓢箪島(ひょうたんじま)、ひょっこりひょうたん島のモデルが国の名勝地登録へ

人気人形劇、ひょっこりひょうたん島のモデルになったと言われる 広島県の 瓢箪島(ひょうたん じま)が国の登録記念物(名勝地関係)へ登録される動きとなっているそうです。詳細はこちら

人気人形劇、ひょっこりひょうたん島のモデルになったと言われる 広島県・愛媛県の境にある瓢箪島(ひょうたん じま)が国の登録記念物(名勝地関係)へ登録される動きとなっているそうです。

瓢箪島(ひょうたんじま)、ひょっこりひょうたん島のモデル

瓢箪島(ひょうたんじま)は しまなみ海道の多々羅大橋や瀬戸田サンセットビーチから見ることができる無人島。

広島県と愛媛県の県境に浮かぶ島のため、北半分が広島県尾道市/南半分が愛媛県今治市 …という珍しい島です。また、ひょうたんのようにくびれている島の形から、おもしろい言い伝えもあります。

ads

神様が原因?ひょうたん島がくびれたワケ

瓢箪島にはその昔 人が住む島で、この島の周りは良好な漁場であることから、その漁業権を巡って争いになった事も多かったとか。この事から民話として

生口島の神様と大三島の神様が島を争って綱引きをして、島の中央がくびれてしまった。これを心配した島民が心配し、和解に至った

という話が残っているそうです。「神様の綱引き」は定かではありませんが、漁業権の争いはあったようで、島内には 明治時代に建てられた境界石も残されているそう。

そんな瓢箪島が、登録記念物(名勝地関係)へ。

2012年11月17日現在は、文化審議会が文部科学大臣に答申した段階。後に官報(毎日発行)の公示によって正式決定となります。

国の登録物 登録(指定)は、文化庁の文化審議会が行う審議を経て文部科学大臣に答申(諮問を受けた事項について行政官庁に意見を具申すること)。その後行われる 国の機関紙「官報」での告示(官報告示)によって正式なものとなる。

広島県内で 登録記念物(名勝地関係)に登録されているのはこの他に、三原市の舩木邸庭園(旧川口屋別荘庭園)があります。

via.史跡等の指定について/文化庁

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP