サイクリングしまなみ、しまなみ海道がサイクリストで溢れる国際イベント

サイクリングしまなみ というしまなみ海道を通る国際サイクリングイベントが2014年10月26日に行われ、この参加者が現在募集中。小学生から参加できるコースや、超人的コースまで!

サイクリングしまなみ というしまなみ海道を通る国際サイクリングイベントが2014年10月26日に行われ、この参加者が現在募集されています。

サイクリングしまなみ、しまなみ海道がサイクリストで溢れる国際イベント

サイクリングしまなみ の特徴は
・国内外から8000人の参加者を迎える国内最大級のサイクリングイベント
・高速道路である「しまなみ海道」を規制して行う唯一の大会
・フェリーと合わせて海を渡るコースや、初心者用「ファミリーコース」など多彩
・島に設けられたエイドステーションで瀬戸内の島ならではのおもてなし
・サイクリングしながら、しまなみ海道から絶景を堪能

というもの。レースではなく、あくまでも“サイクリングを楽しむためのイベント”として開催されるため、エントリーすればだれでも参加可能なのです。

ads

小学生から参加できるコースや超人的コースまで多彩なサイクリングイベント

サイクリングしまなみ で設定されているコースはAからIまで9コースある。
最短の15kmコースでも、愛媛県から広島県へと県をまたぐ多々羅大橋が入っていて、普段は車しか通れない場所が交通規制となってサイクリングできて贅沢。

また、軽快車(いわゆるママチャリ)のレンタサイクル(2000円)もあるので気軽に参加できそう。

最長コースは「全長約111km、獲得標高差1500m」と言われる最難関ロングライドコース。今治からスタートし、大島・伯方島・大三島としまなみ海道を駆け抜けた後に大三島をぐるりと一周。そして各島の沿岸部を通りながら今治へと帰る。

素人からすれば超人的なコース。景色を楽しむ余裕はないかもしれませんが、各地にあるエイドステーションでのおいしい食べ物をはじめとするおもてなしで癒されて元気を補給してほしいです。

サイクリングしまなみ イベント画像

この他、広島県内ではサイクリストのための「サイクリングブルーライン」や「サイクルオアシス」が設置されたり、しまなみ海道の自転車走行無料化への動き二人乗りタンデム自転車が解禁されるなどサイクリングに非常に力を入れており、今回のイベントはその集大成的存在とも思えるほどの大規模開催。

サイクリングしまなみの受付は7月31日までですが、すでに締め切られているコースもあるため興味のある方はお早目に。

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP