因島に モアイのある風景。ここは一体…

因島 を車で走っていると、モアイ像 が3体、並んでいるインパクトのある風景が飛び込んできた。オートキャンプの看板もあるが閉鎖されているみたい。モアイ像 が因島にあるワケは、海と島の博覧会 と関係しているそうで、

因島 を車で走っていると、
モアイ像 が3体、並んでいるインパクトのある風景が飛び込んできた。

モアイ が何でこんな所に…(笑)

因島 モアイ とビーチ 画像11

気になったので車を止めて
モアイ像 の近くまで行ってみることにした。

正面入り口まで来ると、「オートキャンプ」の看板を発見。

因島 モアイ とビーチ 画像12

どうやらここは、オートキャンプ や宿泊施設の入り口らしい。

3体の モアイ が堂々と立っているこの場所は、
広い駐車場になっていました。

ところが、入り口部分はロープが張られていて
駐車禁止の文字。どうやら閉鎖されているみたい?!

ads

モアイ、馬の彫刻(?)など、見れば見るほど不思議な 館

それとも、季節限定でオープンするんだろうか。
私達が行ったのは6月末。この時点では入り口もふさがれ
完全に閉鎖されたような状態です。

因島 モアイ とビーチ 画像6

しかも何故か、モアイだけでなく七福神の大黒天らしき石像と

因島 モアイ とビーチ 画像4

「イェーーイ!」 と手を上げた、恵比寿様まで。
どうやら、モアイとはあまり関連性は無さそうです。

因島 モアイ とビーチ 画像9

置物や建物に、いまいち統一感の無いこの場所には
あじさいが綺麗に咲いていました。
閉鎖してるのがモッタイナイ!と思うほど。

その奥に歩いていくと、建物が見えてきました。

因島 モアイ とビーチ 画像10

因島 モアイ とビーチ 画像8

看板にあった、「オートキャンプ」って感じではないなぁ。
民宿みたいな?なんでしょうか。

ふと、手前に目をやると
ここにも意味不明な馬の像が2つ。今度は色付き。

因島 モアイ とビーチ 画像

不思議すぎます(^^;

これらの建物やモアイや恵比寿様たちは
ビーチに面していて、夏には沢山の人が泳ぎにやってきそうです。
涼しい季節には釣りも良さそう。

因島 モアイ とビーチ 画像7

因島 モアイ とビーチ 画像3

奥には、因島大橋も見えます。

因島 モアイ とビーチ 画像2

泳いだり釣りしたりもいいけど、
ただ、ぼーーーっとしに来たい。そんな雰囲気があります。

ゆっくり静かに流れる時間が心地よく、
木陰で本を読んだりして過ごしても良さそうです。

因島 モアイ とビーチ

しかし、なんでここに
モアイ像 をたてようと思ったのか?が不思議。

いろいろ調べてみたところ
因島 と モアイに何かしらのゆかりがある、というワケではないようで

実は1989年に広島で開催された博覧会、
海と島の博覧会 ひろしま の会場に飾られていた石像だったんです。

モアイ像 を作ったのは、
愛媛県を拠点に活動している彫刻家の方だそうで
このモアイくんは御影石で作られたものなんだそうですよ。

モアイ 家族

よくよく見ると、1人だけ巨乳(巨乳ってほどじゃないか)が居て
この3体はお父さん、お母さん、子供の、モアイ家族 だったことも分かります。

海島博 (海と島の博覧会)の終了後、
南の島をイメージして整備されていたこの場所(サン・グリーン)に
シンボルとしてやってきたことがキッカケで

いつしか因島の裏のシンボル的存在になっていたようです。

ちなみに余談ですが、
海と島の博覧会 で使われていた置物で、
ほかにも残されているのが

メイン会場で一番目立つモニュメントとして建てられていた
「パラダイスの塔」が宇品にあります。

パラダイスの塔 宇品波止場公園へ
パラダイスの塔 が置かれている、宇品波止場公園

海島博、懐かしいですねーー!

まさか、因島で 海島博の石像を見るとは思いませんでしたが
懐かしい記憶が蘇ってきたのでありました。

【 追記 】
ヘルシーリゾート サングリーン(モアイ像がある場所)のことを調べてみると
すでにホームページが消されていて、どうも
キャンプ場としては現在は機能していないようです。
ビーチもあって、眺めも素敵なのに、モッタイナイですね。

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP