舞台は広島・尾道!PS4「龍が如く6 命の詩。」に豪華すぎるキャスト

2016年12月8日発売の「龍が如く6 命の詩。」の舞台に広島・尾道が選ばれ、小栗旬・ビートたけし・宮迫博之・真木よう子・藤原竜也など豪華キャストが!

人気ゲームシリーズ「龍が如く」の最新作、プレイステーション4専用ソフト「龍が如く6 命の詩。」が2016年12月8日に発売されます。

舞台は広島・尾道!PS4「龍が如く6 命の詩。」に豪華すぎるキャスト

龍が如くは 大人向けのエンタテインメント作品というコンセプトのもと、2005年に誕生したドラマチックアクションゲーム。伝説の極道・桐生一馬を主人公に、愛・人情・裏切り…と巨大歓楽街に生きる男たちの生きざまが描かれています。

実在する歓楽街の雰囲気をゲームの中に再現し、プレイヤーが実際に夜の街を歩いているかのような感覚を体験できるのが特徴の1つ。登場人物も非常にリアルに描かれており、この度発売の「龍が如く6」には

ビートたけし、藤原竜也、小栗旬、真木よう子、宮迫博之、大森南朋 という、ドラマや映画のような豪華キャストの映像が楽しめます。そして「龍が如く6」の舞台となるのが、東京・神室町と、広島・尾道です!

ads

尾道は「栄華を極め、時代に打ち捨てられた街」として登場

龍が如く6では、広島県尾道市の中心部の風景が、非常にリアルに再現されて登場しています。

龍が如く6 命の詩。 尾道が舞台

ゲームの中の設定では、「広島の中心部からわずかに外れた街」「戦前から漁業で栄華を極めたが、大不況から立ち直れず凋落の一途を辿った街」として描かれています。

公開されたティザーPVでは、宮迫博之さんが広島弁のセリフに挑戦しているカットもあり、その背景には風景もとてもリアルに映し出されています。


架空の世界とリアルが混在し、ドラマシーンやバトル・アドベンチャーパートが前シリーズよりもさらに革新的な進化を遂げたという「龍が如く6 命の詩。」。ゲームファンが聖地巡礼の旅に尾道にやってくる日も近いかも?

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP