賀茂鶴の酒粕蒸しぱん、お酒の香り広がるあんこ入り

賀茂鶴の酒粕蒸しぱんが 地元のパン製造メーカー、タカキベーカリーから発売されていました。蒸しパンの中にあんこ。パンだけど和菓子みたいな お菓子PANシリーズです。

賀茂鶴の酒粕蒸しぱんが 地元のパン製造メーカー、タカキベーカリーから発売されていました。

賀茂鶴の酒粕蒸しぱん は、”すこし小ぶりで、ちょっとだけ贅沢”をコンセプトにした タカキベーカリーの「お菓子PAN」シリーズのひとつ。2011年にこれと似た 賀茂鶴の酒粕あんぱん が期間限定で発売され、酒粕香るとろっとしたあずきを美味しくいただいたのを覚えています。

賀茂鶴の酒粕蒸しぱん、お酒の香り広がるあんこ入り

酒粕蒸しぱん ということで、今回はどのような商品になっているのか楽しみ。

パッケージには「北海道産小豆粒あん使用」とは書いてあるものの、外からはその姿が見えません。早速袋を開けてみると、なんと底の部分に粒あんがあって、一緒に蒸されている。なんだか新しい展開です!

ads

賀茂鶴の酒粕蒸しぱん、酒かすが優しく香る一品

賀茂鶴の酒粕蒸しぱん(筆者が購入したスーパーでは138円)は、他の「お菓子PAN」と同じくやや小ぶりな手のひらサイズ。生地はしっとり・しっかりとしていて あんこも入っているため見た目に反して重量感もあります。

賀茂鶴の酒粕蒸しぱん 中身の画像

賀茂鶴の酒粕蒸しぱん 中身の画像2

あんこは底の方に薄く敷かれている程度ですが、粒は大きく 甘めに仕上げられているため 生地と一緒に食べるとバランスがよくちょうど良くて美味しい。個人的には あんを食べた時に酒粕の香りが鼻から抜けるように思ったのですが実は生地の方にも酒粕は使われていたようです。

賀茂鶴の酒粕蒸しぱん 中身の画像3

パンなのだけど、和菓子のようにも食べられる 賀茂鶴の酒粕蒸しぱん。ホームページではこのパンのお供に”緑茶”が勧められていましたよ。

期間限定商品かどうかは分かりませんが、このシリーズは定期的に新商品がでてきているので知らないうちにそっとなくなってしまっているかもしれないのでご注意を。

ads


あわせて読みたい

edit 『 コンビニグルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP