桜の蒸しどら、タカキベーカリーから春の味

桜餅・どら焼き・蒸しパンの要素が少しずつ入ったようなタカキベーカリーの春の新しいパン、桜の蒸しどら が西日本限定で発売されています。

タカキベーカリーから春のメニュー、桜の蒸しどら が発売されていました。桜色の生地の小ぶりなパンの上に桜の葉の塩漬けがドーンとのっている斬新な一品。桜餅をイメージさせる春ならではの商品をいただいてみました。

桜の蒸しどら、タカキベーカリーから春の味

実際に手にとってみるとパン生地は蒸しパンであることが分かり、商品名の通りどら焼きのようにあんこがサンドされています。

ads

桜餅のような、蒸しパンのような、どら焼きのような…

桜の蒸しどら 画像2

桜の蒸しどらを口に入れてみると、少しモチっとした桜色の蒸しパンにこしあん。あんぱんとは違う、新しい組み合わせです。

桜の蒸しどら 画像3

また、蒸しパンに桜の塩漬けという組み合わせも面白く、塩気がしっかりきいていました。桜餅のような・蒸しパンのような・どら焼きのような…そして和菓子のような洋菓子のような。いろんな要素が少しずつ入った春の菓子パンでした。

桜の蒸しどら 画像4

この商品はタカキベーカリーの、小ぶりでちょっと贅沢な “五つ星シリーズ” のうちのひとつ。以前は “お菓子PANシリーズ” から出ていた賀茂鶴の酒粕あんぱん と共に五つ星シリーズとしてどちらも西日本限定で販売されています。

広島ではスーパーのパンコーナーの一部につくられたタカキベーカリーコーナーにて。

ads


あわせて読みたい

edit 『 コンビニグルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP