カープを熱烈応援 スタンプ

カルディから瀬戸内レモンのリキュール・ノンアルコールサワー

カルディコーヒーから、瀬戸内レモンを使用したおいしいドリンクが発売中。ノンアルコールのサワーや、乳酸菌1000億個を含むヨーグルトのリキュールも!

コーヒーと輸入食品をメインに販売するカルディコーヒーが、瀬戸内レモンを使用したドリンクを販売しています。

カルディから瀬戸内レモンのリキュール・ノンアルコールサワー

今回筆者が手に取ったのは、「瀬戸内レモンサワー」のノンアルコールバージョン。

これは2016年7月に季節限定で発売された瀬戸内レモンサワー(アルコール含む)が人気となり、「ノンアルコールを」というリクエストに応える形で2017年3月に発売された新商品。

瀬戸内海をイメージさせる穏やかな波とレモンが缶にデザインされています。

ads

ちょっぴりビターで甘すぎない、爽やかなレモンサワー!

ノンアルコールの瀬戸内レモンサワーは、カルディコーヒーがオリジナル商品として販売中。

カルディコーヒー瀬戸内レモンサワー(ノンアルコール)

太陽の日差しをたっぷりと浴びて育った瀬戸内レモンをギュっと絞っただけの贅沢果汁が使用されており、レモンピールのちょっとした苦味も感じる味わい。

缶のデザインと同じく爽やかな飲み心地で、甘すぎず、ずっと飲んでいられそうな美味しさ。350ml缶でカロリーは100mlあたり32kcalとなっています。

瀬戸内レモンとヨーグルトのお酒は、乳酸菌1000億個!?

瀬戸内レモンサワーのほか、カルディコーヒーの店内で販売されていた「広島県産 瀬戸内レモンとヨーグルトのお酒」も試飲してみました。

カルディコーヒー 瀬戸内レモンとヨーグルトのお酒

こちらは300ml入りという可愛らしいサイズの瓶入り。植物由来の乳酸菌が1000億個・カルシウムが100mg入っています。

グラスに注いでみるとふわーっとヨーグルトの香り。氷を入れてロックで頂くと濃厚な甘さがあり、ヨーグルトとは別の、ホワイトチョコのような後味ととろみがある。

ラベルの詳細を見てみると、この濃厚さの正体は「発酵甘酒」だったようです。これに乳酸菌が含まれているとのこと。

レモン感はそれほど感じませんでしたが、お酒は甘めが好きという方によさそう。筆者にはちょっと甘かったので、同時にいただいていた瀬戸内レモンサワーで割ってみると飲みやすくなりました。

カルディコーヒー 瀬戸内レモンサワーと 瀬戸内レモンとヨーグルトのお酒

「瀬戸内レモンとヨーグルトのお酒」はカルディブランドとして販売されていましたが、製造は中国醸造(廿日市市)となっており、 “発酵”が得意な酒造会社ならではの商品なのだと納得。

カルディコーヒーは輸入食品がメインの店舗ですが、サワーは瀬戸内レモンのほか、「高知ゆず」「和歌山うめ」「和歌山白桃」なども発売しているようです。

ads
LINEでこのページを送る

広島スタンプ

2017.03.18 10:00 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 コンビニグルメ 』の一覧

ads

PAGE TOP