福山の大黒座を映画化した「シネマの天使」、10月31日広島先行公開へ

2014年に閉館した広島県福山市の映画館・シネフク大黒座を映像に残そうと撮られた映画「シネマの天使」が公開となります。広島では10月31日から八丁座と福山駅前シネマモードにて先行公開。

福山市で122年間にわたって愛され続けた老舗映画館・シネフク大黒座が2014年の夏に閉館が決まり、その雄姿を映像に残したいと映画化が決定。取り壊し間際の大黒座をつかって撮影された映画「シネマの天使」が完成し、いよいよ公開となります。

福山の大黒座を映画化した「シネマの天使」、10月31日広島先行公開へ
(C)2015 シネマの天使製作委員会

2015年11月7日の全国公開に先駆けて、広島県内では10月31日に先行公開が予定されています。

今作では実話も取り入れ、スタッフやお客さんたちの劇場に対する思い出など、映画館・大黒座をとりまく人々の思い出が交錯する様子を、閉館までのドラマとして描かれました。メガホンを握ったのは、広島出身の時川英之監督。

ちなみに、広島県内の映画館は大黒座を含め、近年次々と閉館しています。その中には、老舗映画館も多く含まれていました。

ads

シネマの天使、あらすじと予告動画

映画「シネマの天使」のあらすじは以下の通り。

122年続いた老舗映画館の大黒座が閉館することになった。そこで働き始めたばかりの新入社員 明日香(藤原令子)は、ある夜、館内で謎の老人に出会うが、彼は奇妙な言葉を残し、忽然と消えてしまう。

大黒座で映画を見て育ったバーテンダーのアキラ(本郷奏多)は、いつか自分の映画を作りたいと夢見ているが、何もできない自分がもどかしい。大黒座の女性支配人(石田えり)は、閉館に反対する人々をなだめながら気丈に振る舞っていた。泣いても笑っても、もうすぐ、大黒座はなくなってしまう…。

劇場の壁という壁が、町の人々が書いたメッセージで埋まっていく。そしてついに閉館の日。スクリーンに最後の映画が映しだされ、劇場を埋め尽くす観客は、それぞれの思い出に胸を熱くする。その時、明日香の前に、あの謎の老人が再び現れ…。

長い歳月の間、人々に愛されてきた映画館が、最後にくれたサプライズとは―。 via.「シネマの天使」公式サイト

予告ムービーは以下より。


出演は、藤原令子、本郷奏多、ミッキー・カーチス、石田えり、阿藤快、岡崎二朗ほか。

映画シネマの天使」は2015年11月7日より全国ロードショー。広島県では10月31日より、八丁座福山駅前シネマモードにて先行公開。

ads


あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP