GAMBA ガンバと仲間たち、懐かしく新しい物語が3DCGアニメで映画化

豪華制作陣・声優陣による3DCG映画「GAMBA ガンバと仲間たち」が、2015年10月10日に全国公開。最新の技術で贈る冒険ストーリーです。

約40年前に出版された児童文学書「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」がテレビアニメ化・舞台化を経て、ついに3DCGアニメーションで映画化

「GAMBA ガンバと仲間たち」が、2015年10月10日に公開となります。

GAMBA ガンバと仲間たち、懐かしくも新しい物語が3DCGアニメで映画化
(c)SHIROGUMI INC., GAMBA

「ガンバ」とは都会の片隅で暮らすネズミのことで、この映画の主人公。

海に憧れを持ち、親友と旅に出るという好奇心旺盛なガンバにCGで息を吹き込むのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』や『STAND BY ME ドラえもん』を手がけた映像制作会社・白組。

構想15年、製作期間は10年という果てしないこの映画プロジェクトは「スパイダーマン」などのプロデューサーの目にも留まり、彼がエグゼクティブプロデューサーに就任しています。

ads

神田沙也加など声優陣も豪華!GAMBA(ガンバ)あらすじ・予告動画

ガンバと仲間たち 映画ポスター
(c)SHIROGUMI INC., GAMBA

映画「GAMBA ガンバと仲間たち」ストーリー

都会の片隅で楽しく暮らすネズミのガンバは「海は世界で一番広くて大きい!」という話を聞き、海を目指して旅に出る。

旅に出た2匹は港のネズミが開くパーティーに参加。すると、ある島から来たという島ネズミ・忠太が弱り果てた姿で発見される。
忠太によれば、島にやってきた白イタチの「ノロイ」が島のネズミを皆殺しにする勢いで暴れまわっているという。港のネズミたちは、その名の知れた強敵に尻ごみする。「冗談じゃねぇ、ノロイと闘うなんて…」

絶望する忠太を見てガンバは、「助けたい」と立ち上がる。その心意気に惹かれ、親友おマンプクの他、4匹のネズミも立ち上がり仲間となった!

夢見た海への旅立ちは、冒険と戦いの始まりでもあった。ガンバとその仲間たちはどうやって強敵・ノロイに立ち向かうのか?

Youtubeチャンネル


声優/梶裕貴、神田沙也加、高木渉、池田秀一、野沢雅子 ほか
原作/斎藤 惇夫「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」(岩波書店刊)
脚本/古沢 良太
企画・総監督/小川 洋一
監督/河村 友宏 小森 啓裕
製作・アニメーション制作/白組  配給/東映

映画「GAMBA ガンバと仲間たち」は、広島県内では広島バルト11イオンシネマ広島福山コロナシネマワールドなどで2015年10月10日より上映予定。

ads


あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP