ドラマ ビューティフルレイン、豊川悦司が 若年性アルツハイマー病と戦う父に

2012年7月からスタートする フジテレビの夏ドラマ、ビューティフルレイン。豊川悦司(父)と、芦田愛菜 (娘)の家族愛の物語。ビューティフルレイン のストーリーの肝には 若年性アルツハイマー という病があり、ドラマの始まりと共に父に発症してしまいます。あらすじ キャストなどはこちらから

2012年7月1日からスタートする フジテレビの夏ドラマ、ビューティフルレイン。トヨエツ こと、豊川悦司演じる父と、芦田愛菜 演じる娘の家族愛の物語。

ビューティフルレイン のストーリーの肝には 若年性アルツハイマー という病があり、ドラマの始まりと共に 豊川悦司演じる「圭介」に発症します。

ドラマ ビューティフルレイン、豊川悦司が 若年性アルツハイマー病
Photo by 芦田愛菜/ずっとずっとトモダチ

若年性アルツハイマー病(若年性認知症)とは、

40代から65歳までに発症するアルツハイマー病(認知症)のことで、物忘れが増える/日付や 自分のいる場所が分からなくなる などの症状があり、病気の進行が早く重くなる傾向がある。
若年性アルツハイマー病は遺伝によるものがほとんどですが、発症初期よりも前の段階で発見・治療を受けることができれば、病気の進行を遅らせることができる。
via goo ヘルスケア/若年性アルツハイマー

豊川悦司 さん演じる圭介は、男手ひとつで 芦田愛菜演じる美雨を育てる中、若年性アルツハイマー病が発症してしまう…というなんとも切ない ストーリーなのだ。

ads

ビューティフルレイン あらすじ、キャスト、主題歌など

木下圭介(豊川悦司) は、下町の金属加工工場で働く腕利きの職人で 小学生の娘、美雨(芦田愛菜) を一人で育てるシングルファザー。

妻は、美雨の命と引きかえに この世を去っていた。妻の分まで、娘を愛して育てようと決心した 圭介は工場の社長など、周りの人に「過保護すぎるのでは?」とからかわれるほど 仲睦まじく娘と二人で生活していた。

「ここ最近もの忘れがひどくなってきたな…」と軽く考えていた圭介。ある日、工場での事故をキッカケに病院で検査をすることに。
後日、外科ではなく 神経内科に通され 彼に告げられたのは「若年性アルツハイマー病」だった。娘を愛し、守りながら育てて来た父親と、母親がいなくても「お父さんと一緒なら大丈夫!」と信じて来た娘。二人はこの運命にどのように向き合い、乗り越えていくのか…。
via fujitv.co.jp

主題歌は、マルモのおきて で主演・主題歌を担当した 芦田愛菜ちゃんが 今回も担当!雨に願いを という曲で、なんと 松任谷由実が書き下ろした!という豪華主題歌です。

豊川悦司/芦田愛菜 のW主演を支える その他のキャストは▼
三浦翔平/安田顕/でんでん/国生さゆり/高木星来/中谷美紀/中村富美夫 などなどの豪華メンバー。この夏、最も泣けるドラマとして注目の ビューティフルレイン。放送が楽しみですね。

▼ビューティフルレイン
放送:毎週日曜日 21時から(初回30分拡大)

ドラマチックサンデー ビューティフルレイン/フジテレビ 公式

ads


あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP