大野智 今日の日はさようならで主演、原作情報 あらすじなど

嵐の 大野智さんが2013年8月24日・25日に放送される 24時間テレビの中のドラマ 今日の日はさようなら で主演する事が決まりました。原作の 大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来 についてあらすじなど詳細はこちら

嵐の 大野智さんが2013年8月24日・25日に放送される 24時間テレビの中のドラマ
今日の日はさようなら で主演する事が決まりました。このドラマは 田舎で生まれ育った「耕太」が大学を中退、いくつか職をかえてやっと[料理]という夢を見つけた。そんな矢先に 悪性リンパ腫・余命三ヶ月と宣告された29歳の男性が 生と死に向き合う というあらすじ。

原作は幸和也氏の闘病記 大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来 。

大野智 今日の日はさようならで主演、原作情報
Photo by 大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来/幸和也

大野智さんは ドラマ今日の日はさようなら で主人公の「耕太」を演じるにあたり

『ちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ』という難しいテーマに、真摯(しんし)に向き合っていきたいと思います。また、僕も耕太とじっくり向き合って、耕太の「強い意思」をしっかり演じきりたいと思います

とコメントしたとmantan-webが伝えています。

ads

大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来 あらすじ

ドラマの原作、大空への旅立ち がんと戦いながらも夢見ていた未来 の内容・あらすじについて この書籍の出版社である文芸社は以下のように紹介しています。

死を目前にした息子が家族に残してくれたもの─。それは、葬儀が終わって二日後に、遺品の中から娘が見つけた一つの「置き手紙」だった。3年前から闘いつづけた息子の「がん」。家族がそろって暮らすことを夢見ながら、決してかなうことがなかった夢……。

本書は、「リンパ芽球性リンパ腫」のため27歳1ヶ月で亡くなった息子の心の叫びと、苦痛の対極にある人としての優しさを、本人の日記と母親の日記を基に記した3年に亘る闘病記。

原作の中では、「血液のガン」悪性リンパ腫の発覚から、闘病生活、再発…など闘病生活の一部始終が記されているという。その中で彼女への想いや、家族に宛てたラストレターなども掲載されているそうです。

24時間テレビにてドラマ化されることが決定し、2013年7月中旬には文庫化されるそうです。

理不尽な運命にさらされながら懸命に死と向き合う「耕太」を大野くんはどのように演じるのか?この他のキャストについては今のところ発表されていないようです。

24時間テレビ 愛は地球を救う/日本テレビ
嵐・大野智 「24時間テレビ」ドラマで初主演 がん患者の難役に挑戦
大空への旅立ち 書籍紹介/文芸社

ads


あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP