可愛すぎるペットにメロメロ!ミニオンズのスタッフ最新作

この夏 注目の映画「ペット」が2016年8月11日よりスタート。犬や猫・小鳥などペットを一度は飼ったことのある人ならハマること間違いなし!

ミニオンズのスタッフとユニバーサルスタジオが手掛ける最新アニメーション映画「ペット」が、2016年8月11日より公開となります。

可愛すぎるペットにメロメロ!ミニオンズのスタッフ最新作
(C)Universal Studios.

映画「ペット」では、飼い主が留守の間、家に残されたペットたちは何をしているんだろう?というところにスポットを当て、可愛らしくユーモアたっぷりに描いた冒険アニメーション。

犬や猫・鳥など、飼い主が知らない時間のペットたちの姿や、ペット目線だから気づく彼らの気持ち、それぞれの特徴や習性から各動物の毛の質感・動きや表情までも非常に細かく描かれています。この夏、筆者が個人的にも一番楽しみにしている映画です。

全米では7月8日から公開され、初登場でいきなり1位。オープニング3日間だけで興行収入は105億円を超えたという大ヒット作品です。

ads

映画「ペット」あらすじ予告

予告動画は以下より。




人間に比べてペットたちは短命。その上、お留守番をしている時間は長い。可愛くコミカルに描かれていますが、ペットとの関わり方考えさせられる部分もあります。

また今作の日本語版吹き替え版には、主役にバナナマンの2人を起用。前作「ミニオンズ」で吹き替え担当をした2人に惚れこんだ監督が、直々にオファーし再び声優を担当することになりました。

映画「ペット」あらすじ予告

主人公・テリア犬の「マックス」を、バナナマン設楽統、
マックスの家に転がり込んでくる雑種「デューク」をバナナマン日村勇紀、
マックスの飼い主「ケイティ」は佐藤栞里、
ご近所の猫「クロエ」に永作博美
野良猫スフィンクス「オゾン」に山寺宏一

などが、それぞれ個性あふれるキャラクターの声優を担当しています。ちなみに、永作博美さんは今作が声優初挑戦となるそうですが、本職の方にも負けない上手さ。さすがです。


映画は2016年8月11日から全国ロードショー。

ads


あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP