広島を旅立つ娘と、父の切ない東京小旅行 「スプリング、ハズ、カム」公開へ

大学生になる娘の部屋探しをするために、広島の親子が上京して2人で過ごす時間を描いた映画「スプリング、ハズ、カム」が2017年2月に公開となります。広島では横川シネマにて3月8日より

映画「スプリング、ハズ、カム」が2017年2月18日、新宿武蔵野館より公開となり、順次全国ロードショーとなります。

広島親子の東京小旅行「スプリング、ハズ、カム」公開へ
(C)「スプリング、ハズ、カム」制作委員会 / 配給:エレファントハウス

男手一つで育てた娘が春から東京の大学に通うため、父と娘が広島から上京し部屋探しするという束の間の「東京小旅行」を描いたこの作品は、

E-girlsのメンバーで女優としても活躍する石井杏奈さんと、落語界の鬼才・柳家喬太郎さんがW主演。

2人は撮影の2か月前から広島弁の方言指導と、心の距離を近づけるためのワークショップを積み重ね、親元を巣立ってゆく娘と父の距離感を絶妙に演じています。

ads

父と娘の小旅行は別れの始まり、優しく涙誘うストーリー

スプリング、ハズ、カム ポスター

映画「スプリング、ハズ、カム」ストーリー
二月のある日、シングルファーザーの肇(柳家喬太郎)は、広島から上京して、この春から東京の大学に通う娘の璃子(石井杏奈)のため、二人で部屋探しに歩く。
そこで出会う人々とのふれあいが、二人の心にかけがえのない思い出を刻み付けていく。たった一日のちいさな旅路が終わりに近づくころ、肇は璃子が幼いころに死別した妻との思い出を語りはじめる。璃子にとってそれは、今まで知ることのなかった父と母の秘められた物語であった…。

以下は予告動画



「娘」にとっては、亡き母が愛したひとりの男性として父を見直す旅であり、「父」にとっては、少女から大人の女性へと成長する娘へ「さようなら」を覚悟する旅でもあった。

脇を固めるキャストには 朴ろ美、角田晃広(東京03)、柳川慶子、石橋けい、平子祐希(アルコ&ピース) など。

主題歌は東京カランコロンの「ひなげし」となっています。広島では横川シネマにて2017年3月8日~14日まで上映。

ads


あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP