カープを熱烈応援 スタンプ

岡山県倉敷が舞台の映画「ひるね姫」声優に高畑充希・江口洋介

高畑充希さんがアニメ映画で初主演(声の出演)を務める「ひるね姫~知らないワタシの物語~」が2017年3月18日より公開。岡山弁に瀬戸大橋を望む町など、瀬戸内の風景がスクリーンに広がります。

瀬戸大橋を望む港町・岡山県倉敷市を舞台としたアニメ映画「ひるね姫~知らないワタシの物語~」が2017年3月18日より全国公開となります。

高畑充希、「ひるね姫」でバリバリ岡山弁女子高生に
(c)2017ひるね姫製作委員会

主人公・森川ココネを演じるのは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」やドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」、CMなど多方面で引っ張りだこの高畑充希さん。

ココネと行動を共にする2歳上の幼馴染・モリオ役に満島真之介さん、ココネの父親役を江口洋介さんが声優を担当します。

今作には岡山の方言がたくさん出てきますが、高畑充希さん演じるココネなど、どのキャラクターも自然な方言で違和感なくストーリーに入れます。また、岡山など瀬戸内沿岸に住む人には見慣れた風景がたくさん登場するため、親近感も湧いてきます。

ads

ひるね姫~知らないワタシの物語~ キャスト・あらすじ

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。

無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。

2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕 され東京に連行された。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている 夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。

たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、ココネは夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出る。

*  *  *

声優には、高畑充希、江口洋介、満島真之介、古田新太、釘宮理恵、高木渉、清水理沙、高橋英樹など豪華俳優陣が揃います。また、作品の地である岡山出身者からは、auのCMで一寸法師として登場し注目を浴びた前野朋哉さんが声優で参加します。

主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」を歌うのは、高畑充希

主演の高畑充希さんは、劇中で森川ココネ(現実の世界)・エンシェン(夢の世界)という2役を演じ分けていますが、さらに主題歌の「デイ・ドリーム・ビリーバー」も担当。役名の「森川ココネ」として歌っています。

優しいタッチのアニメと、世界観にピッタリの主題歌は以下の予告動画からご覧ください。


「ひるね姫~知らないワタシの物語~」は、2017年3月18日~全国ロードショー。広島では109シネマズ広島・TOHOシネマズ緑井・福山コロナシネマワールド・Tジョイ東広島・広島バルト11にて上映。

なお、映画の舞台となった岡山を中心に、ラッピング電車も運行中です。

ads
LINEでこのページを送る

広島弁ラインスタンプ

2017.03.04 08:00 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

ads

PAGE TOP