孤狼の血、広島県呉市舞台に豪華キャストで仁義なき男の戦い

豪華キャストで描かれる、警察小説×「仁義なき戦い」!正義と情念渦巻く戦いが、広島県呉市を舞台に描かれます。主演 役所広司ほかで2018年春、映画「孤狼の血」公開!

ベストセラー小説「孤狼の血(ころうのち)」が、2018年春に実写映画化する。

孤狼の血、呉舞台に豪華キャストが仁義なき男の戦い
孤狼の血 / 柚月裕子

広島県呉市が舞台に描かれた原作にあわせて、呉市で撮影が行われるというこの映画は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』で日本映画賞を総なめにした白石和彌監督がメガホンをとる。

キャストは、役所広司、松坂桃李、真木よう子、石橋蓮司、江口洋介…という豪華な顔ぶれが並びます。

東映の公式サイトによると、原作者の柚月裕子さんは今作について「不朽の名作・仁義なき戦いを何度も繰り返し観て、あんな熱い物語をいつか自分も小説で書きたい」という想いで書き上げたのだそう。制作発表では「映画化するなんて夢のよう。」と語っています。

ads

「孤狼の血」作品紹介

昭和63年、広島。所轄署捜査二課に配属された新人刑事・日岡(松坂桃李)は、腕は一流ながらヤクザとの癒着を噂される刑事・大上(役所広司)の下、ある金融会社社員の失踪事件の捜査を担当することになった。

到底許されない強引な捜査を繰り返す大上に戸惑うまま、日岡は仁義なき極道の男たちの世界に挑む……。
【 警察 vs 極道 】という、東映だからこそ描ける壮絶な“仁義なき戦い”が、白石和彌監督指揮の下、現代に蘇る。

*  *  *

“広島=ヤクザ” というイメージを与えた映画から影響を受けて生まれた「孤狼の血」。描かれるのは昭和時代の広島ですが、現代を代表する役者さんが揃い創り上げる今作もまた刺激的なものになりそう。

主演の役所広司さんは作中で飛び交う広島弁にも「板についた広島弁になるように勉強している」と語っています。どんな作品になるのか、地元広島でも注目したい。

ads
LINEでこのページを送る

2017.04.04 11:48 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

ads

PAGE TOP