広島弁ラインスタンプ

民生ボーイと狂わせガール、奥田民生に憧れる男のラブコメを妻夫木×希子で

2017年9月16日に、人気コミックを実写化した「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」が公開となります。豪華すぎるキャストと、劇中に散りばめられる奥田民生の楽曲がたまらない!

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」が、2017年9月16日に公開されます。人気コラムニスト・渋谷直角氏の人気コミックを「モテキ」の大根仁監督と、奥田民生ファンを公言する妻夫木聡で映画化。

民生ボーイと狂わせガール、妻夫木×希子と奥田民生 珠玉のナンバーでラブコメ描く
(C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

力まないカッコイイ大人=奥田民生 に憧れる雑誌編集者コーロキ(妻夫木聡)が、男を狂わすファッションプレスの女・あかり(水原希子)に一目ぼれし、恋の喜びや絶望を味わい、もがき苦しむラブコメディ!

主演の妻夫木聡・水原希子のほか、一癖も二癖もある登場人物を新井浩文・天海祐希・リリーフランキーなど豪華俳優陣が揃います。

青春の終わりを感じながら、大人になろうとするコーロキ。イタいほどリアルな男女の姿がコミカルに描かれた人気作がスクリーンに登場します。

ads

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」あらすじ

奥田民生を崇拝する33歳、コーロキ。おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!

そんな時、仕事で出会ったファッションプレス(ファッションブランドの広報)の美女天海あかりにひとめぼれ。その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。

あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。

コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!?そしてもがく先にあかりとの未来はあるのか!?

予告ムービーは以下から。


また、映画本編には奥田民生の楽曲も多数使用されています。

劇中に散りばめられる奥田民生の名曲たち
奥田民生
広島県出身。1986年に広島でロックバンド「UNICORN(ユニコーン)」を結成。
ソロアーティストとしても日本のロックシーンをけん引し続けるレジェンド。他アーティストとのコラボ・楽曲提供・プロデュースにも精力的に活動し、多数のアーティストからリスペクトされる存在。
“力まないけどカッコイイ” という飄々としたスタイルは音楽シーンだけでなく、理想の大人の指針として多くの人に影響を与えている。

映画本編では、主人公・コーロキの心情に合わせて「愛のために」「マシマロ」「CUSTOM」など多くの楽曲が使用される。一度聴いたら耳に残るメロディたちは、映画を見た後も何気なく口ずさんでしまいそうです。

映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」は2017年9月16日全国東宝系にてロードショー。

広島県内の劇場ではTOHOシネマズ緑井109シネマズ広島広島バルト11T・JOY東広島福山コロナワールドにて上映予定。

ads
LINEでこのページを送る

2017.07.29 12:25 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

ads

PAGE TOP