江田島の イタリアンロールはズッシリ1kg!本店では予約を

人気で売り切れることも多い、江田島の人気スイーツ「イタリアンロール」。ロールケーキというと軽いイメージがありますが、花月堂さんのイタリアンロールはズッシリ!

江田島のイタリアンロールが人気で、買う時は予約した方がいいくらい。という評判を聞きつけて実際に江田島までやってきました。

花月堂(岡林花月堂)は和菓子店のような店構えですが、看板商品はお饅頭でも最中でもなく イタリアンロール!

江田島の イタリアンロールはズッシリ1kg

岡林花月堂の オープン時間は9時からで、平日の10時頃にお邪魔するということで予約せずに出向き、お店に入ると ショーケースの中はまさかのカラッポ状態。

江田島の イタリアンロールの花月堂

「イタリアンロールはもう売り切れてしまったんよ、すぐ近くのイズミ(ゆめタウン)にも出してるからそちらに残っているかも」

優しい笑顔のお母さんに案内され、ゆめタウン江田島店1階の ゆめ菓子工房に行くとこちらにはまだ残っていたのでこちらから購入しました。(1本1200円)

ads

重量感のあるイタリアンロール、シンプルで懐かしい味

江田島でようやくゲットしたイタリアンロール。噂通りの重量感で、持ち運び時にはズッシリときます。「どれくらいの重さがあるのか…?」と計ってみたところ、ピッタリ1kgありました。

岡林花月堂の和風な包み紙から出て来たのが、洋菓子 イタリアンロール。

江田島の イタリアンロール 包装紙

江田島の イタリアンロール の画像

スポンジ生地で生クリームをフワッと巻いた、最近流行りのロールケーキとは違い、シュー生地のようなクレープ生地のような「皮」が外側に巻かれているのがイタリアンロールです。(どの辺りがイタリアンなのか…は不明です。)

江田島 イタリアンロールの断面図

その見た目からは「クリームが少ない?」とも思ってしまいますが、食べてみると クリームは「生クリームが高価だった時代に主流だった」とよく聞く バタークリーム。(モーツァルトの ケークオブールはその時代のケーキを再現したような商品でした)

生地とクリーム、それぞれで食べてみるとそんなに甘さが強い訳ではありませんが 全部を一緒に食べると丁度よい甘さで、クリームがこれより 多くても少なくてもだめな「ベストバランス」が実は計算されているのかも。

新しい味!という訳ではありませんが、どこか懐かしく素朴な味わいで お土産などにもらって嬉しい1品だと思います。(抹茶味もありましたよ) デパートの催事などでもよく販売されているそうですが、江田島のお店で購入する時は 予約する事をおすすめします。

広島のお土産特集はこちらから

▼岡林花月堂
住所:広島県江田島市大柿町大君84-1
花月堂の場所を地図で確認
営業時間:9時から16時
定休日:日曜日
電話:0823-57-2115

ads


あわせて読みたい

edit 『 江田島 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP