広島弁ラインスタンプ

うえの あなごめしが阪神梅田本店に登場、父の日限定で

2017年6月18日(父の日)に阪神梅田本店の地下1階で「うえの」のあなごめし弁当が催事販売されます。宮島口で食べられるあの老舗店のお弁当が大阪で食べられる!

100年以上変わらず、宮島の玄関口の名物として地元民にも観光客にも愛されている「 うえの 」のあなごめし弁当が、2017年6月18日(日)父の日に阪神梅田本店にて販売されます。

うえの あなごめしが阪神梅田本店に登場、父の日限定で

これは、阪神梅田本店の地下1階「阪神食品館」の一角にある催事スペース(フードイベント2)に、うえのが入って販売を行うもの。

当日は、レトロな包み紙で包装されたうえののあなごめし弁当(1944円)を200個販売。JR宮島口駅すぐそばの店舗で食べられるあのお弁当が、大阪で食べられます。

商品到着時間は正午ごろとなっており、1名につき2個までの販売で整理券を配布する場合もあるとのこと。

また、「穴子の切り落とし(90g)1080円」も同日300袋販売。あなごめし弁当を作る時にできるもので、ちらし寿司や酢の物、茶わん蒸しやだし巻き卵など様々な料理のアクセントとして使える、うまみのつまった一品。

あなごめしは18日の限定発売ですが、切り落としは8月25日の催事「にっぽんうまいもん紀行」でも販売予定。継続販売も予定されているとのこと。

ads

LINEでこのページを送る

2017.06.15 19:00 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 一般グルメ 』の一覧

ads

PAGE TOP