ビンゴソース、福山のお弁当屋さんから生まれた おばあちゃんの味

ビンゴソースという、小さな瓶に入ったソースを見つけました。ビンゴソースは、広島県備後エリア(福山市沼隈町)にある仕出し・お弁当のお店「たかの」さんが作られているソースです。

ビンゴソースという、小さな瓶に入ったソースを見つけました。ビンゴソースは、広島県備後エリア(福山市沼隈町)にある仕出し・お弁当のお店「たかの」さんで作られているソースです。

ビンゴソース、福山のお弁当屋さんから生まれた おばあちゃんの味

地域の名前が付いているこのソースは、ラベルに「昭和34年の創業当時から受け継がれてきた、他には無い唯一無二のおばあちゃんの味」と書かれてあります。

ビンゴソースの使い方

用途は、揚げ物のソースとして使えるほか、ハンバーグソース、カレーの隠し味、焼きおにぎり、焼きそば、焼肉などが例として挙げられていましたので、実際に「焼きそば」を作ってみることにしました。

ads

ビンゴソースで焼きそばを作ってみました

まず、焼きそばに使う ソバや野菜を準備。

ビンゴソースで焼きそばを作ってみます

そばは、広島のお好み焼き屋さんでプロが使用しているという細切り麺をチョイス。(無駄にこだわってみました)

焼きそばに使用する、広島の細切り麺

適当に切った野菜とそばを炒め、火が通った頃にビンゴソースで味付けをします(その他に使用した調味料は、塩コショウのみ)。

ビンゴソースでつくった焼きそば 出来上がり

ソースは思ったよりもサラリとしていましたが、麺には絡みやすく使いやすい。2人分の焼きそばで、ビンゴソースの瓶の約半分を使いました。食べてみると、甘めで優しい味。懐かしい感じがするソースです。

確かに揚げ物との相性が良さそう。チャーハンの味付けなどにも使えそうです。

ビンゴソースは1本280円(内容量は120ml)。スーパーのニチエーや、道の駅アリスト沼隈常石ハーバーホテルなどで取り扱いがあるとのこと。

ads


あわせて読みたい

edit 『 福山市 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP