ぬまくま牛乳、昔ながらの瓶に入った福山の濃厚牛乳

福山市沼隈町で販売されている、ぬまくま牛乳。昔ながらの可愛らしい瓶入りで販売中。ぬまくま牛乳には、牛乳とコーヒー牛乳の2種類あり、ともに小瓶が120円、大瓶が450円で販売されていました。

福山市沼隈町で販売されている、ぬまくま牛乳。
ぬまくま牛乳は、昔ながらの可愛らしい瓶入りで販売されていました。

ぬまくま牛乳、昔ながらの瓶に入った福山の濃厚牛乳

尾道のホテルに泊まった時に、ホテルの朝食用の牛乳として出されているのを見かけて初めて飲んだのですが、これがなかなか濃厚で美味しい。

福山の沼隈牛乳

瓶の裏側には、「NUMAKUMA DAIRY」(直訳すると沼隈搾乳場)の文字。内容量は小瓶で180ml。福山市にある道の駅・アリストぬまくまでも販売されていました。

アリストぬまくまで、ぬまくま牛乳

ぬまくま牛乳には、牛乳とコーヒー牛乳の2種類あり、アリストぬまくまでは小瓶が120円、大瓶が450円で販売されていました。

この道の駅 アリストぬまくまは、地味ですが色々美味しそうなモノを沢山販売されていますので、福山にお出かけの際などフラリと立ち寄ると面白いかもしれません。

ぬまくま牛乳、他ではあまり見かけたことが無い商品だったのですが、是非もっといろんなところで扱って欲しいですネ。

ads


あわせて読みたい

edit 『 福山市 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP