菓匠茶屋の大判焼き(二重焼き)、お茶屋さんの和スイーツが人気

広島県内のフジグランやサンリブの中にテナントとして入っている和・お茶スイーツの店、菓匠茶屋(かしょうちゃや)。個人的にもハマッている菓匠茶屋さんの人気商品・大判焼き(二重焼き)をご紹介します。

広島県内のフジグランやサンリブのテナントとして入っているお茶とスイーツのお店、菓匠茶屋(かしょうちゃや)。老舗お茶屋さん「駿河園」が作った抹茶スイーツ・茶の環ブランドがテレビで紹介されるなどで有名になりましたが、菓匠茶屋は駿河園がプロデュースしたお店です。

菓匠茶屋の大判焼き(二重焼き)、お茶屋さんの和スイーツが人気

元々、抹茶やきな粉、ほうじ茶を使ったソフトクリームが人気のお店でしたが、数年前から店頭で大判焼き(二重焼き)を焼き始め、こちらもあっという間に人気商品となりました。

菓匠茶屋 店舗の様子
(写真は廿日市市のフジグランナタリー店内1階に入っているお店)

大判焼きはどのデパートでもよく見かける和スイーツですが、クリームや生地に抹茶が入ったりと、お茶屋さんならではのメニューが充実しており、幅広い年齢層から愛されています。

ads

菓匠茶屋の大判焼きはクリームやあずき、2種類入りも

焼かれている 菓匠茶屋の大判焼き(二重焼き)

菓匠茶屋の大判焼き(二重焼き) 持ち帰り

今回頂いたのは、以下の3種類。

菓匠茶屋の大判焼き(二重焼き) 持ち帰り2

左から:ダブルクリーム(抹茶クリーム+豆乳クリーム)/あずきミルク(あずき+ミルククリーム)/抹茶カスタード
菓匠茶屋の大判焼き(二重焼き) 画像

どれも甘すぎず、当然ながらあたたかいお茶との相性バッチリ。この他、季節によって栗や桜のクリームや餡子が入る事もあります。

生地が薄く、中身がたっぷり入った大判焼きはお得感があり食べ応えもしっかり。持ち帰って冷めたらオーブンやトースターで軽く焼いて表面をカリっとさせて食べるのもおすすめです。

季節を通して抹茶スイーツが楽しめる菓匠茶屋、お茶の葉や茶の環スイーツの販売(持ち帰りのみ)もあり、おやつの時間帯は特に人が集うお店となっています。

菓匠茶屋は広島県廿日市に本社を置き、県内には店舗が8店舗(2015年3月現在)。この他山口や香川や九州にも店舗があるそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP