ラーダカレーが宮島SAで!身体に優しい本格インドカレー

宮島SA(サービスエリア) 下り線のフードコートで、一風変わったメニューを発見しました。ラーダカレー(ラーダさんのチキンカレー)! 広島のカレー屋さんとコラボした 本格カレーです

宮島SA(サービスエリア) 下り線のフードコートで、一風変わったメニューを発見しました。

ラーダカレー(ラーダさんのチキンカレー)! サービスエリアで食事となると、ついカレーが食べたくなってしまいますが(筆者だけ?) このラーダカレーは、通常のカレー(450円)やカツカレー(700円)よりも高い750円。「フードコートで食べる本格メニュー」というギャップに心を奪われ、頂いてみることにしました。

ラーダカレーが宮島SAで!身体に優しい本格インドカレー

宮島SAに関するこの他の話題はこちら

宮島SA 下り線のフードコートは他とはちょっとシステムが違い、食券を購入したと同時に自動的にオーダーが入る。席に座って待ち、出来上がりで呼ばれたら食券と交換、という具合です。

そして登場した ラーダカレー。ルーとライスは別で、ルーはちゃんとソースポットに入っていますが 「お盆が和風」というところが、いろんな種類のメニューを揃えるフードコートならではです。

ads

ラーダヴィラスとコラボした ラーダカレー、化学調味料など一切無添加

ラーダカレーのルーは意外とサラっとしていて、この中には「固形の具」は入っていません。ホロホロの柔らかい鶏肉とごはんと一緒にいただきます。

ラーダカレーのルー

ラーダカレー 柔らかいチキン

スパイスやハーブがたくさんとけ込んだ ラーダカレーは、あまり辛さは感じず マイルドな印象。カレーに刺激的な辛さを求める方には物足りないと思われますが 身体に優しい感じ。

ラーダカレーを通常のカレーのルーと比べてみるとけっこう色が違い、こちらはソースのような風味が強くて中辛でした。

宮島SAのカツカレー

ラーダカレーは、広島市東区牛田にあったラーダヴィラスというカレー・インド料理のお店とコラボした商品。(ラーダヴィラスは 2013年7月末で移転を見据えて閉店したそうです)

このオーナー、ラーダさんは「スパイスソムリエ」として食材に応じて様々なスパイスとハーブを調合したカレーを提供しており 宮島SA(下り線)で提供されるこのカレーにもそのこだわりは生かされているそうです。

テーブルに置かれたラーダカレーの紹介POPを見ると

「食はシンプルかつ自然の美味しさであるべき」というアーユルヴェーダの教えに基づき、塩分・油分は控えめに、自家製スパイス&ハーブはふんだんに使用した化学調味料や合成着色料など一切無添加のヘルシーカレーです。

とありました。たしかに塩気はあまり感じなかったように思います。私達日本人向けに作られた なじみ深いカレーとはちがうラーダカレー。通信販売の他、24時間営業のこのフードコートでもいただく事ができます。

[南インドの本格カレー]ラーダカレー
ラーダヴィラス 公式サイト

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP