ハートの形が可愛いベニマンサク、おおの自然観察の森で紅葉がみごろ

赤く染まるハートの葉が可愛いベニマンサク(丸葉の木)の紅葉が見頃に。おおの自然観察の森 (広島県廿日市市大野)には自生する べにまんさく群落があります。

おおの自然観察の森 では、ベニマンサクが紅葉の見頃を迎えています。
ベニマンサク はマルバノキ(丸葉の木)とも呼ばれる植物で、葉が可愛いハートの形をしているのが特徴。

紅葉すると、緑色の葉が 黄色、オレンジ色、赤、赤茶と色づいて行き、ベニマンサクの木には、赤いハート型の可愛い葉でいっぱいになります。

ハートの形が可愛いベニマンサク、おおの自然観察の森で紅葉がみごろ

べにまんさく は、広島県の天然記念物でもある貴重な植物。

このベニマンサクが町の木でもある、広島県廿日市市(旧 大野町)の おおの自然観察の森 には、ベニマンサク群落があり、ベニマンサク湖のまわりには約3000本が自生しています。

紅葉時期には、綺麗に色づいていく色の変化を楽しむことができます。

ads

べにまんさく 紅葉は、今が見ごろ

べにまんさくの見ごろ時期は、2011年は10月20日頃と予想されていましたが、10月17日の時点すでにかなり紅葉していました。

色づく べにまんさく(丸葉の木、紅満作)

色づく べにまんさく(丸葉の木、紅満作)大野自然観察の森

おおの自然観察の森の方によれば、「もう9割が色づいていて見ごろですよ」とのこと。急に寒くなるなど、気温の変化によって見頃は早まったり変わってくるため、その日の紅葉具合を電話で確認してからお出かけすると良さそう。

色づく べにまんさく(丸葉の木、紅満作)大野自然観察の森

色づく べにまんさく(丸葉の木、紅満作)大野自然観察の森

本格的なカメラ持参で撮影に来られていた常連さんによると「ベニマンサクは陽が高い時間のほうが綺麗に見える」とのこと。

おおの自然観察の森 は、夕方16時30分には閉館するため、早い時間に見に行くのがおすすめです。

▼おおの自然観察の森
住所: 広島県廿日市市大野矢草2723
時間: 9時~16時30分
TEL: 0829-55-3000

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP