広島県廿日市市(旧 廿日市町)のマンホール

廿日市市(はつかいちし)のデザインマンホールには、特産品である牡蠣が中心に大きく描かれ、その牡蠣を養殖するカキ筏と 瀬戸内海の風景、そして小さい船に乗って漁をする人の姿が描かれています。

廿日市市(はつかいちし)のデザインマンホールには、特産品である牡蠣が中心に大きく描かれ、その牡蠣を養殖するカキ筏と瀬戸内海の風景、そして小さい船に乗って漁をする人の姿が描かれています。

広島県廿日市市(旧 廿日市町)のマンホール

ちなみに廿日市市は、平成の大合併によって佐伯郡だった4町村(佐伯町吉和村大野町・宮島町)を編入し、まとめて「廿日市市」となりました。

上記のマンホールは、合併前の廿日市市(旧廿日市町)のもの。

また、廿日市市の「市の木」はサクラが指定されているため、街の様々なところに、桜が描かれているのも特徴的です。

たとえば、市内を運行している さくらバス(料金100円)はピンク色で桜の花びらが散りばめてあったり、

廿日市市 さくらバス(料金100円)
photo by さくらバス(廿日市市)

以下のような四角いマンホール(?)にも、桜の花が。

廿日市市 桜のマンホール

春のお花見シーズンになると、あちこちで美しく咲く桜の木を見ることが出来ますよ。

広島県のデザインマンホール
廿日市市、その他スポット

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP