穴があったら覗きたい!宮島の写真撮影「穴場ポイント」は世界遺産登録記念碑

広島県廿日市市宮島、フェリーの宮島桟橋前広場にある 謎の石像物。この穴から何が見えるの…?と誘われるままに覗いてみると、なんと宮島の大鳥居が見える!宮島が遺産登録された時の記念碑 は、大鳥居を臨む 穴場絶景撮影ポイント!

広島県廿日市市宮島、フェリーの宮島桟橋前広場にある 謎の石像物。
「覗いてごらんよ」とばかりに こぶし大ほどの穴があいています。
何が見えるの…?と誘われるままに覗いてみると、なんと
宮島の大鳥居が見える!

穴があったら覗きたい!宮島の写真撮影

宮島 世界遺産登録記念碑 画像3

そう。これは、1996年の12月に宮島の
厳島神社が 広島市の原爆ドームと共に世界遺産として登録された
記念に作られた 世界遺産登録記念碑。

この世界遺産登録記念碑は、尾道市出身の彫刻家である
児玉康兵(こだま こうへい)氏が手がけたものだそうで
この記念碑の下の部分には 厳島神社の説明書きがあります。
(英訳もあるので親切。)

ads

記念写真撮影のスポットにも。ひと味違う大鳥居を楽しんで

宮島 世界遺産登録記念碑 画像1

陰陽思想と古代の宇宙感をテーマにつくられた というこの
世界遺産登録記念碑ですが、台の上に載せられた菱形の
石碑の横の部分は…なんだかヒップを思わせる丸みが特徴的。
これにも何かを表現した故の形になのかもしれませんね。

宮島 世界遺産登録記念碑 画像2

写真などでよく見る「大鳥居」の形には見えませんが
桟橋付近の写真撮影ポイント。誰にでも目に付く所にありますが
しっかり覗き込んでいる人はあまり見たことがないので
けっこう「穴場」だと思いますよ!

関連:
宮島 観光特集!人気おすすめスポットはこちら

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP