広島はつかいち大橋で夜景萌え、広島港 五日市ふ頭の夜の姿

広島はつかいち大橋(通称:はつかいち大橋)は 広島湾にかかる、廿日市市と広島市佐伯区を結ぶ 全長800m以上の大きな橋。この夜景と、広島港の埋立て地の役割などをご紹介

広島はつかいち大橋(通称:はつかいち大橋)は 広島湾にかかる、廿日市市と広島市佐伯区を結ぶ 全長800m以上の大きな橋。

はつかいち大橋は 2001年に開通した橋で、廿日市ボートパークや五日市メープルマリーナ利用者などへの配慮から高さも21m。

そんな はつかいち大橋は夜になるとオレンジ色の街灯が点灯し、近くのマンションや山側の団地の灯りが背景となり、海面に映る光と一緒に 小さな夜景スポットになる。

広島はつかいち大橋で夜景萌え

工場萌え(工場の重厚な「構造美」を愛でる)とはちょっと違いますが、橋の大きさと夜景には それと少し似た感覚があります。

はつかいち大橋の近くには はつかいち桜まつりなどが行われる昭北緑地や スケートボード・BMXなどのリンク はつかいち青少年多目的広場、さらにカルビーの広島廿日市工場などがありますが この夜景は工場などがある海側から撮影したもの。

ここは釣りを楽しむ人も多い隠れスポットです。

ads

はつかいち大橋と、周辺の埋立て地について

広島はつかいち大橋は遠目から見ると緩やかな曲線を描いていますが、実際にのぼったり下ったりするとけっこう急な坂道。廿日市高校など 周辺には学校も多いことから、夕方には部活動でここをランニングする学生もよく見かけます。

広島はつかいち大橋 夜の写真1

広島はつかいち大橋 夜の写真2

自転車で下ったら気持ちいいだろうなぁ…。
ちなみに、橋にも看板があるように ここでのスケートボードは禁止です。危険です。

はつかいち大橋の五日市(広島市佐伯区)側の海には「広島県広島港湾 振興局五日市ふ頭」があり、ここに立てられたライトもまた廿日市側から見ると海に光がギラギラ反射。

広島はつかいち大橋 周辺の五日市ふ頭

近くまで行って見ると、ナンバーのついていない大量の車がきれいに並んでいます。(中には入れません)

広島県広島港湾 振興局五日市ふ頭 写真1

広島県広島港湾 振興局五日市ふ頭 写真2

広島県では、宇品(広島市南区)の 広島港を中心に中四国経済圏の物流拠点などとして広島湾の周辺を整備。これが廿日市・五日市・宇品・出島地区の埋め立て地のようです。

五日市のこの ふ頭は多目的国際ターミナル として整備されているようで、この車たちはもしかしたら輸出されるのを待っていたのかもしれません。広島港の整備事業について詳細は広島県ホームページをご覧ください。

ちなみに、この広島はつかいち大橋 は、2013年2月現在も工事が進む広島南道路(広島港沿岸)の一部となる予定で 廿日市市から広島市西区・広島西飛行場の近くを通って現在開通している広島高速3号線へと繋がる予定。

広島南道路について詳細・進渉状況については 広島国道事務所のサイトをご覧ください。

広島県ホームページ/広島港の整備

▼広島はつかいち大橋
はつかいち大橋の場所を地図で確認する

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP