宮島SAにホテル 旅籠屋が完成、高速を降りずに泊まれる安宿

宮島SA 上り(山陽自動車道:広島県廿日市市)に、ハイウェイホテル旅籠屋(はたごや)がオープン。海外の「モーテル」スタイルを取り入れたホテルチェーンで、都心や観光地から離れた高速道路沿いに建っているのが特徴。宮島SA、佐野PA、壇之浦PAの3か所は高速道路内にホテルが建つ。

宮島SA 上り(山陽自動車道:広島県廿日市市)に、ハイウェイホテル・旅籠屋(はたごや)が2011年11月1日よりオープンしました。

ファミリーロッジ旅籠屋 は、海外の「モーテル」スタイルを取り入れたホテルチェーンで、都心や観光地から離れた高速道路沿いに建っているのが特徴のホテルです。

宮島SAにホテル 旅籠屋が完成、高速を降りずに泊まれる安宿

また2008年以降は、下関・関門海峡にある壇之浦PAや、東北自動車道の佐野PAに加え、山陽自動車道の 宮島SAと、2011年までに3つのホテルを高速道路内に建てることを実現しています。

宿泊料金は、4人1部屋で10500円~と低価格で車を使った長旅などを楽しみたい人には、アクセスも料金面でも便利なホテルとなりそう。

ads

長旅に便利、コインランドリー(洗濯機・乾燥機)もある ファミリーロッジ旅籠屋

ファミリーロッジ旅籠屋 の外観は、宿泊施設というより 賃貸のアパートのような雰囲気があります。

安く泊まれるホテルのため、常備品は最低限のみ準備されているようで、シャンプー・リンス、タオル、ドライヤーなどは常備されていますが、ハブラシやスリッパなどは持参となる。

また、全室インターネット接続可能で、共用部にはコインランドリーも設置されています。

また、宿泊料金は前払い制で現金のみ(クレジットカード利用は×)。シーズンによって料金は3段階に分けられており、

宮島SA ホテル 旅籠屋の写真

1名1室利用の場合は、5250円(レギュラーシーズン)、8400円(ハイシーズン)、11550円(トップシーズン)となっており、

2名1室利用で 8400円(レギュラーシーズン)、10500円(ハイシーズン)、13650円(トップシーズン)、

4名1室利用で、10500円(レギュラーシーズン)、12600円(ハイシーズン)、15750円(トップシーズン)となっています。

ちなみに、軽い朝食(無料)サービスもあるとのことです。料金や空室状況については、公式サイトにてご確認ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP