広島はっさくぷりん、ほろ苦うまい 新食感の贈り物

食べタインジャー 編集部でもオススメ!の 広島はっさくぷりん をご紹介。プリンと ゼリーの間の食感 のような、新しい 八朔を使ったスイーツ、 広島はっさくぷりん。お土産に。

広島県はレモンみかんなど、柑橘類の生産が盛んなシトラス王国。これまでにも様々な 柑橘系商品をご紹介してきましたが 今回は、編集部でもイチオシ!

広島はっさくぷりん をご紹介します。

広島はっさくぷりん、ほろ苦うまい 新食感

広島・八朔 といえば、今や全国区でも知られる事となった はっさく大福がありますが、広島はっさくぷりん もなかなかの実力派。

写真のように、瓶につめられたほんのりクリーム色の はっさくぷりん。 シンプルなパッケージで、他の商品と一緒に並べられていると、さほど目立ちません。

因島はっさくゼリー は以前ご紹介しましたが、柑橘系のプリンってちょっと珍しい。お土産売り場に少しだけ並べられていたのを購入してみることにしました。

ads

ゼリーとプリンの間のような食感、はっさくぷりんとの出会い

広島はっさくぷりん 広島駅で

3つの瓶が1セットになっている 広島はっさくぷりん。瓶とはいえ、なかなかの重量感がありましたが フタを開けてみて納得。

中身がフタのところまでギリギリに、タップリ詰められていました!

広島はっさくぷりん 中身がタップリ

フタの裏にもちょっと付くくらいしっかりと詰めて固められた はっさくぷりんですが、ぷりん=カスタード というイメージが強いため、どんな味になっているのか想像がつかない。

広島はっさくぷりんを実際に口に入れてみると、食感は柔らかめのゼリーとプリンの丁度 中間、という感じの新しい舌触り。

広島はっさくぷりん 食べるところ

クリーミーですが はっさくのほんのりとしたにがみもあり、これがいい感じ。ちょっとオトナな味わいです。底の部分にはツブツブの果肉があって、最初とはまた違う食感を楽しめます。

パッケージは地味目ではありますが、はっさくの良さが生きた美味しいデザートでした。丁寧に作られているという印象もあり、田舎らしさも感じる いいお土産品だと思います。

1セット3個入りで1000円。ちょっとした手みやげや贈り物にも喜ばれそうです。製造元は 安芸津のまる赤コロッケ で紹介した スミヨシさんになっていましたが、筆者は 広島駅新幹線口名店街の キヨスクにて購入。2013年2月に「新商品」として紹介されていたため、今後 別の場所でも販売されるかもしれません。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 東区 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP