NHKドラマ 精霊の守り人、綾瀬はるかが美しき女用心棒に

3月19日に放送開始となる短編ドラマ「精霊の守り人」に広島出身の綾瀬はるかさん、吉川晃司さんらが出演!人気小説を実写ドラマ化した大河ファンタジーは4回にわたって放送されます。

NHK総合にて4回にわたって放送される大河ファンタジー「精霊の守り人」が、2016年3月19日21時~放送開始となります。

NHKドラマ 精霊の守り人、綾瀬はるかが美しき女用心棒に
精霊の守り人 公式サイト / NHK

精霊の守り人は人気作家・上橋菜穂子の日本発ファンタジー大作を実写ドラマ化したもの。

人と精霊が共生していた世界を女用心棒と幼い王子の冒険する姿を描いたドラマで、美しく強い女用心棒「バルサ」役を 綾瀬はるかさんが演じています。

フワっとしたかわいい役柄の多い綾瀬さんが、普段のイメージと異なる女用心棒役をどのように演じるかも注目。また、その脇を固める俳優陣も豪華です。

ads

吉川晃司に高島礼子、木村文乃など豪華キャストが意外な役を…!

「精霊の守り人」のストーリーを簡単にご紹介。

女用心棒のバルサ(綾瀬はるか)は、新ヨゴ国の王子チャグムが川に転落したところへ通りがかり、命を救った。宮殿に連れていかれたバルサは、チャグムの母・二ノ妃(木村文乃)から「王子を連れて逃げてほしい」と頼まれる。

チャグムには精霊の卵が宿っていたのだが、その精霊は“水の魔物”といわれており、実の父である帝(藤原竜也)から暗殺されようとしていた。

チャグムの用心棒として雇われたバルサは小さな王子を守りながら戦い、生きる厳しさと身を守る術をチャグムに教えていく。

バルサを養女として迎え育てた短槍の達人「ジグロ」に吉川晃司、バルサの幼馴染で好意を寄せる?薬草師「タンダ」に東出昌大、バルサが尊敬する強烈なキャラクターの呪術師「トロガイ」に高島礼子…など、実力派の豪華俳優陣が揃っています。

主なキャストは以下の通り。

藤原竜也: 新ヨゴ国の君主・帝
木村文乃: 帝の妃・二ノ妃
小林颯: 第二王子・チャグム
中村獅童: カンバル王国の君主・ログサム
加藤清史郎: 頼まれ屋・トーヤ
吹越満: 星読博士・ガカイ
林遣都: 星読博士・シュガ

中でも特にインパクトが強いのが、呪術師役の高島礼子さん。誰だか分からないほどの特殊メイクと変身ぶりに驚かされます。

以下の動画は、主演を務めた綾瀬はるかさんがナビゲートする、ドラマの見どころムービー。



大河ファンタジー「精霊の守り人」は2016年3月19日21時スタート、3月26日、4月2日、4月9日の4回放送となっています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県出身の有名人 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP