為末大 引退、ロンドン五輪でラストランへ

為末大が引退することを、自身のブログで発表しました。2008年の北京オリンピックでは1次予選敗退した時は「ボロボロになっても、行ける処まで走りたい」と、2012年のロンドンオリンピックを目指すことを宣言。あれから4年、五輪が最後の舞台となります。

為末大が引退することを、自身のブログで発表しました。2008年の北京オリンピックでは1次予選敗退した時は「ボロボロになっても、行ける処まで走りたい」と、2012年のロンドンオリンピックを目指すことを宣言。

あれから4年、34歳になった為末選手の体はあちこち故障し、思うように練習が出来なくなってきていたようです。

為末大 引退、ロンドン五輪でラストランへ
photo by 為末大 Sport Management Review

為末大が、ひろしまスポーツ大使に任命される

為末大が引退を意識しはじめたのは1~2年前からだそう。悩んだ挙句、これで最後なら、最後の1年ちょっと無理をしてでも練習して、ロンドン五輪で幕引きにしたいと考えたようです。

為末大選手のブログでは、引退について以下のようにコメントしています。

最長でもロンドン五輪、代表に選ばれなければ来週の日本選手権で引退します。このタイミングで発表したのは僕の性格上、引退レースや、引退試合を作ってもらうのがとても気恥ずかしく、つまりやらないつもりなので、代表に選ばれなければこの日本選手権が現役最後のレースになります。それを今まで応援してきてくれた方に報告せずして終わるのもなんだかなと思い、こうして発表しようと思った訳です。(一部抜粋)

為末選手のラストランが、オリンピックの舞台になることを応援したい!

為末大ブログ
為末大 ツイッター

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県出身の有名人 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP