うえむらちか 「灯篭」、広島の盆灯篭をテーマにした小説

うえむらちか 「灯篭」2冊目の小説を発売。広島県安芸郡海田町出身のタレント、うえむらちかさん。アイフル「お父さん寂しい?」篇や、ヒガシマル「ちょっとどんぶり」のCMなど、タレントとして活躍しているイメージが強い彼女ですが、小説や漫画も手掛ける

広島県安芸郡海田町出身のタレント、うえむらちかさん。アイフル「お父さん寂しい?」篇や、ヒガシマル「ちょっとどんぶり」のCMなど、タレントとして活躍しているイメージが強い彼女ですが、

実は小説家としての顔も持っているそうで。6月に2作目となる小説「灯篭」を発売しています。

うえむらちか 「灯篭」、広島の盆灯篭をテーマにした小説
うえむらちか 小説「灯篭」

うえむらちかの「灯篭」は、広島県の風習であり、お墓に供えるカラフルな「盆灯篭」をタイトルにしたもので、広島県のとある場所を舞台に孤独な少女と青年との心の交流を描いた作品。

帯にはなんと、映画監督の大林宣彦さん。同郷ということもあって、快く推薦文を引き受けてくれたのだそうです。

ads

うえむらちか プロフィール

うえむらちか プロフィール
photo by うえむらちかブログ「ちか道」

1985年9月23日生まれ、広島県安芸郡海田町出身。AB型で身長157cm。所属事務所はスペースクラフト・エンタテインメント広島東洋カープのファン。

2007年4月から、消費者金融「アイフル」のイメージキャラクターを務め、「手紙篇」「写真篇」「お父さん寂しい?篇」などでCMに起用。また、秋原正俊監督の「白椿」で2007年に映画出演も果たしている。

2009年4月からは、広島カープファンが主役のフリーペーパー「月刊ホームラン」で4コマ漫画を連載するなど、マンガや小説なども手掛けており、タレント・女優・小説家など多才で活動範囲も広い。

うえむらちか 2作目小説「灯篭」
うえむらちか ブログ「ちか道」
カラフルな灯篭が印象的な、広島の盆灯篭

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県出身の有名人 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP