新井貴浩の書き下ろし本「阪神の四番」発売、カープと阪神の違い 語る

阪神タイガースの 新井貴浩選手(元カープ)が、初の書き下ろし本・阪神の四番 が2012年11月19日に発売されることが分かりました!カープ時代の想いや 金本アニキから託されたものなど、新井貴浩が赤裸裸に綴る

2012年11月17日 10:00

新井貴浩の書き下ろし本「阪神の四番」発売、カープと阪神の違い 語る

  シェアする

広島県広島市出身の 阪神タイガースの 新井貴浩選手(元カープ)が、初の書き下ろし本・阪神の四番 が2012年11月19日に発売されることが分かりました!

新井貴浩選手といえば、阪神タイガースの主力選手であり プロ野球界の選手会会長としても活躍する人物。

新井貴浩の書き下ろし本「阪神の四番」発売
Photo by 阪神の四番 七転八起

新井貴浩選手 初の著書となる 阪神の四番の中で[カープとタイガースは何が違ったか][WBC出場問題は、NPBの未来の為でもある]など、彼ならではの内容を書き記しています。

カープ時代の想い、引退した金本アニキからの言葉…広島ファンも気になってしまう内容も。

ads

「四番失格、そう認めざるを得ない」新井が赤裸々に語る

新井貴浩選手は 広島カープ時代にバッティングを開花させ2005年には本塁打王を獲得。2008年オフにFA宣言し、「アニキ」と慕う金本知憲選手を追って 阪神タイガースに移籍しました。

移籍後 打点王を獲得するも、彼が移籍してからチームは優勝した事がないという事実を

移籍してから、一度もチームが優勝していない、という事実が、僕が「四番失格」であることを何よりも雄弁に物語っている。現時点では、そう認めざるを得ない。それが現実なのだ。
阪神の四番 七転八起/新井貴浩より

という言葉で綴っています。

新井貴浩 画像
Photo by新井貴浩(阪神タイガース) カレンダー 2013年

今の新井貴浩 にとっての「阪神の四番」とは何か?金本アニキから託された想いとは…?

阪神の四番 七転八起
著者:新井貴浩
発売日:2012年11月19日

ads

「広島県出身の有名人」 一覧へ

[探す]: 広島情報をエリア別で見る

オフィシャルツイッターへ   フェイスブックページへ

tabetainjyaさんをフォロー 記事担当 ( 記事: 伊藤 みさ )

前の記事 / 次の記事

関連ワードリンク

広島市の大規模土砂災害について
ページの先頭へ

TOPへ広島特集当サイトについてお問い合わせネタ投稿・プレスリリース送付編集部プロフィールお知らせ運営者情報

Copyright (C) 2009-2014 All Rights Reserved 広島ニュース 食べタインジャー

google+ページへ フェイスブックページへ Youtubeチャンネルへ Twitterフォロー