ドラマ 極悪がんぼ、尾野真千子が広島舞台マンガのリメイク版に主演

極悪がんぼ が、2014年4月からフジテレビの 月9ドラマとして放送されます!広島弁で”やんちゃ”を意味する がんぼ。尾野真千子さんは裏社会のトラブル解決に奮闘する主人公を演じます。この他、キャストやストーリーはこちら

極悪がんぼ が、2014年4月からフジテレビの 月9ドラマとして放送されます!

極悪がんぼ は、「カバチタレ!」で知られる田島隆氏(=原作)と東風孝広氏(=作画)の広島出身コンビがつくったマンガの事。”がんぼ”とは、広島弁で「やんちゃ、いたずらっ子、悪ガキ」という意味で”やんちゃ坊主”という意味あいで”がんぼたれ”という風に使われることもあります。

極悪がんぼ とは、つまり”相当なワル”という意味になるのでしょうか(笑)

ドラマ 極悪がんぼ、尾野真千子が広島舞台マンガのリメイク版に主演
Photo by 極悪がんぼ(16)

広島に、ヤクザとかヤンキーのイメージがある理由?

原作では広島の探偵事務所 が舞台になったストーリーですが今回は架空の町「金暮市(かねくれし)」におきかえ、神崎守という男性主人公を 尾野真千子さん 演じる「神崎薫」という女性主人公に変えてドラマ化。

カバチタレ!では行政書士事務所が舞台に描かれ 弱者を法律で救うストーリーでしたが、ドラマ 極悪がんぼ では裏社会のトラブル解決を専門にするグループを描くようです。

ちなみに、すごみのきいた 迫力あるシーンでは広島弁がよく使われたりしますが、今回は舞台が架空の町のため、広島弁では描かれないと思われます。

ads

山Pとか翔くんとか…ドラマ カバチタレシリーズのキャストが出るといいのにな

尾野真千子さんは「やりすぎと言われるくらい、ワっと暴れてみたいと思う」と意気込み十分の様子。

その他キャストに椎名桔平、小林薫、三浦友和…と迫力ある役にも染まる大物俳優たちが揃います。

原作では カバチタレ!の登場人物がちょこっと登場する事があるそうですが、ドラマ 極悪がんぼ にドラマ カバチタレシリーズのキャスト(堀北真希、櫻井翔、山下智久、深津絵里などなど)が登場したり…なんてこともあるの…でしょうか!?

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県出身の有名人 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP